2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« アボカド | トップページ | P.F.Sのタオル »

2006/11/13

渦巻き茶トラネコ

A016

ツレが、ずっとネコを飼いたがっていた。
雑種(いまはMIXものかもしれない)のネコがよくて、
だけど茶トラで模様がアメリカンショートヘアのようなネコ、
というやけに細かいこだわりがあって、
そんな事を聞いていたら
自分もそんなネコが欲しいような気分になっていた。
先日、ツレが「こんな本があった」と
『うずまき猫のみつけかた』という村上春樹のエッセイを買ってきた。
まさに自分たちのためのタイトルである、
くらいの思い込みで読みはじめたのだが
あくまでタイトルであって、
別に『見つけた顛末』が書いてあるようなことではなかった。
ちょっとがっかり。
村上春樹の本は、小説以外にエッセイもけっこうあり、
本人が楽しんで書いているのが伝わってくるような感じで
けっこう好きだ。(小説とはまた違って楽しんでいる、と本人も書いていた)

ちなみに、村上春樹といえばずっと気になっていることがある。
以前自分は、東京の四谷に住んでいて、
会社まで迎賓館沿いの道を歩いて通勤していた。
迎賓館沿いの歩道はジョギングする人が多いのだが
ある朝会社に向かって歩いていたとき、
ひとりのジョガーとすれ違った。
すれ違い様にふと見たその人は、村上春樹、
いや村上春樹に見えたのだ。
露出が少ない作家でもあり、
数少ない写真によく似たひとだったのだが、
ボストンマラソンに出るほど走ることの好きな人のようだし、
迎賓館沿いというのがなんかリアリティがあったのだ。
うーん、書いていたらまた気になってきた。
「どうなんでしょう、村上さん」

※その後、ひょいとしたきっかけで
渦巻き茶トラネコに出会うことになった。
この本がきっかけをつくってくれたようでもある。Thank you!


« アボカド | トップページ | P.F.Sのタオル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88074/12665232

この記事へのトラックバック一覧です: 渦巻き茶トラネコ:

« アボカド | トップページ | P.F.Sのタオル »