2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 水彩画。 | トップページ | リモワのスーツケース/Classic Flight »

2007/01/20

derek jarman's garden

A059

以前は、「趣味はなにか」と聞かれれば
『庭いじり』なんて答えていたのだが
最近の我が家のガーデンはかなり、おざなりな状態である。
マンションの20平米のルーフバルコニーとはいえ、
手をかけようとすると結構時間を割かなければいけないが
その時間がとれないのと、
『庭いじり』にたいする情熱そのものが薄れているのも事実。
とくに冬はねえ。寒くてねえ。

でもやはり、小さくても庭(のようなもの)があると
日々慰められることも多いし、
それなりの季節感も感じることができる。
そしてなにより庭造りは『つくる・つくりたい』という欲求を
かなえてくれる作業でもあるのだ。

derek jarman's gardenは、
イギリスの映画監督デレク・ジャーマンが、
海辺のコテージで手がけた庭を、
写真と文章によって記録した本である。
ただ、そこに在る庭は、単にガーデンと表現するよりも
デレク・ジャーマンの作品というほうが的を得るような、
そんな作り手の存在を主張するような庭だ。

浜辺でひろってくる漂着物は、オブジェのように配置され、
見ようによっては墓地のようなイメージがある。
また植えられているそれぞれの植物の形・質感・色は
ナチュラルにというより、あえて人工的にみえるように
組み合わされ配置されているようにも思えるのである。

そんなデレク・ジャーマンの庭は
ちょっと曼荼羅のようでもある。
あるいは自分でつくった世界と、
そこに君臨する神がデレク・ジャーマンなのか…。

« 水彩画。 | トップページ | リモワのスーツケース/Classic Flight »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88074/13580558

この記事へのトラックバック一覧です: derek jarman's garden:

« 水彩画。 | トップページ | リモワのスーツケース/Classic Flight »