2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« TRUCK FUNITUREのスリッパ | トップページ | 風の影。 »

2007/01/14

スノードーム2

A056

ドイツのスノードーム。
童話が題材になっていて、これは。
…タイトルを忘れた。
カエルになってしまった王子が、
魔法がとけて王女さまとしあわせになりましたとさ、
みたいな話だったはず。
青いドレスが王女さまで、
左の小さいかたまりが、カエルですね。
ちなみに、スノードームにもいろいろ形があるのだが、
それは生産地で違うそうだ。
この半球ドームのタイプはドイツ製が多いらしい。

それにしても、
こういうオモチャ的なものは
どうも自分の『好き』のつぼにはまるようだ。
ふと思い出したのだけれど、
昔、グリコのキャラメルにはおまけが付いていた。
プラスティック製のチープなものだったと思うが
いま見たらどうなんだろう。
おもしろいと思うのだろうか。
子供のときには、おまけ類はさほど気にもせず、
ポイっと捨てていたような記憶があるのだが。

 

« TRUCK FUNITUREのスリッパ | トップページ | 風の影。 »

コメント

おばんです。
いいですね!スノードーム。
子供の頃に横浜の氷川丸に雪がふるやつを持っていました。
それに加えて、僕が初めて氷川丸へ連れて行ってもらった時が雪だったんですよ。横浜の街中に「ブルーライト・ヨコハマ」がなっている頃の話です。

ドイツのお隣、オーストリアでお土産屋さんを覘いている時店員が「触るな!」って他の客を注意したんです。それで僕らもベタベタ触っていたから謝ったのですが「日本人は買うから触って良い」って言われ、何だかバツが悪くて陶器のジョッキをひとつ買って店を出たのですが、こんなスノードームがあったら買っていたかもしれないですね。

山品さん、こんばんわ。
ブルーライト・ヨコハマ…。いつも大声で唄っていた覚えが。いま思えばブルーライト・ヨコハマを小学生が大声で唄うって、かなりヘンテコな図だなあと思いますね。
スノードームもそうなんですが、この年になってこのたぐいのものに惹かれるのは、子供の頃、オモチャが買ってもらえなかったトラウマか、なんてほんの少し思ったりもするのでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88074/13481962

この記事へのトラックバック一覧です: スノードーム2:

« TRUCK FUNITUREのスリッパ | トップページ | 風の影。 »