2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 木製フレームの鏡。 | トップページ | ガダルキヴィール。 »

2007/02/07

ヴァセリン。

A067

子供のころの話だが、
冬になると、母親が肌が乾燥してかゆくなるといって
半透明のクリームのようなものを肌にすり込んでいた。
そしてそれを見て、自分もかゆくなる、と母親にいうと
『変なところが似るものね』と苦笑していたりした。
いま思えばそのクリームのようなものは
ヴァセリンだったような気がする。

アメリカ生まれのヴァセリンは140年以上の歴史があるらしい。
それだけ昔からあるということは、
勝手に想像するならアメリカでは一家に一個、
常備されているような存在なのかもしれない。
ブルーのフタと、クリーム色というか肌色というか、
あいまいな色味のボデイーの組み合わせのあか抜けなさと、
濃いブルーのラベルが、いかにもアメリカの家庭雑貨という感じである。
そしてあか抜けていないのだけれど、
家庭雑貨の王道をいく存在感を感じたりもする。
いうなれば『ザ・実用品』という感じか。

きっと、アメリカの一般的な家庭の洗面台には
約束事のように、
リステリンとヴァセリンが並んでいるような気がする。
勝手な想像だけれど。

« 木製フレームの鏡。 | トップページ | ガダルキヴィール。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88074/13817284

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァセリン。:

« 木製フレームの鏡。 | トップページ | ガダルキヴィール。 »