2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« パラティッシ。 | トップページ | ヨーガンレールの社員食堂。 »

2007/10/31

スヌーピーのピーナツバター。

A131

いまにして思えば、
ピーナツ・コミックスを読むことは、
アメリカの生活を知ることでもあったな。
たとえば、ライナス言うところの
「カボチャ大王がやってくる」ハロウィーンという行事もそうだし、
アメリカの家庭のリビングには、でっかいソファがあり
子どもはそれにもたれて、
作り立てのポップコーンを食べながらテレビを観たりすること、
そして、学校にはピーナツバターとジェリー(ジャム)の
サンドイッチをランチボックスにつめてもって行くことなどなど。

そうなのだ。
なにがビックリしたって、パンにピーナツバターとジャムを
いっしょに塗る、その組合わせにとても驚いたものだった。
まあ、いまなら組み合わせとしてあり、と思うんだけど
その当時の日本の子どもとしては、
理解を超えた食べ物だったのである。

そんなことを、このピーナツバターを見て思い出した。
かわいいな、スヌーピーは。

ちなみにこのピーナツバター、
味のほうは、甘みをかなり抑えた大人の味、である。

« パラティッシ。 | トップページ | ヨーガンレールの社員食堂。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パラティッシ。 | トップページ | ヨーガンレールの社員食堂。 »