2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ウィンザー&ニュートンの水彩絵具パレット。 | トップページ | ダッフル・コート。 »

2008/02/09

ドア・ストッパー。(に使っているガラス瓶&内容物)

7s_045
海外、それも海に行ったりすると
石や貝殻をひろったりするロマンチストは
けっこういるだろう。

私はロマンチストではないので拾わない。
が、しかし。ウチの連れは、
一見冷めた性格のようで
実はロマンチックなところを多分に持ち合わせており、
石とか貝殻とか、よく拾うのだ。
持ってかえるのが重いんだがな。

まあ、自然に磨かれて曲面が美しい石など、
たしかに拾いたくはなります。
気持ちはわかる。

さて、そんな石だが、得てしてそういうものは
家に持ち帰ると、持て余したりもするのでもある。
拾うときには、なんて素敵なかたちだろうと
すこしウットリしたのが嘘のよう。
あれとちょっと似ているな、
ゲレンデで知りあったスキーのうまい男性が、
街で再会すると、なんであんなに魅力的だったんだろうと思う、ってやつ。
人の場合はなんだが、
石なんかの場合は、こんなガラス瓶に詰めて
ドア・ストッパーにしてみるのはどうだろう。
どうだろうって言われても困るとは思うが。
しかし、けっこうな重さで、
ごく塩梅がいいものである。
旅の思い出だけでなく、
実用性を兼ね備えたミヤゲモノ、と言えなくもない。

« ウィンザー&ニュートンの水彩絵具パレット。 | トップページ | ダッフル・コート。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィンザー&ニュートンの水彩絵具パレット。 | トップページ | ダッフル・コート。 »