2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 紅茶碗。 | トップページ | P.F.S.のスイッチプレート。 »

2008/04/21

趣味のパスタ日記5。

7s_084

コルシカ島を旅行したことがある。
ある時期、フランスの地方のちいさな町にいくのが好きで
ガイドブックをすみずみまで読んで、
おもしろそうなところを探しては
行ってみたりしていたのだ。
コルシカ島に行ったときは、
パリからの航空便のある大きな町から、
バスで4時間ほどのボニファシオという島の南端の町が、
そのちいさな町だった。
山々の間を縫うようにして行くバスのシートに、
ツレとふたりで顔を青くして揺られつづけ
たがいに「あと少しあと少し」と励まし合ったものだ。
同じバスにのっていた屈強そうな白人男性が
こらえきれず袋に顔をうずめるのを見て
「勝った」と、思わずちいさくガッツポーズをしたなあ。

ボニファシオは断崖絶壁の際に張り付くようにしてある町で、
青い海のすぐ向こうはイタリアのサルジニア島である。
観光客もイタリア人が多い。
そのボニファシオで印象に残っているのは
ホテルのレセプションの女性が、
めずらしい日本人の自分たちを見て、
おばあさんが日本人だということで、親近感をもってくれたことと、
町中の中華料理屋でたべた春巻きがものすごくうまかったこと。
そして、イタリアにすごく近いのに、
スパゲッティーがうどんのように柔らかで、
でもそれが日本のナポリタンのようで
けっこうおいしく食べたことなどである。

先日イタリア料理店で
「シラクサ風いわしと松の実のスパゲッティー」
というのを食べた。
シラクサいえば、サルジニア島とおなじ、
イタリアのシチリア島の町の名前である。
素材がいわしと松の実とレーズンという
ちょっと変わった組み合わせなのだが
けっこうクセになるような味だったので
自分でもつくってみた。
いわしはオイルサーディンで代用し、
ローズマリーをちょっと入れた。
好きなんで。
レーズンはドライトマトみたいな役割をさせて
味にこくをだすのだろうか。
なんだか自分で言うのもなんだが
レストランで食べたものよりうまかったぞ。
というか、自分好みの味に仕上がっていた。
こんど、お客があったときにでもつくってみよう。
たぶん好みが分かれるかもしれないけれど。

« 紅茶碗。 | トップページ | P.F.S.のスイッチプレート。 »

コメント

世界の車窓みたいです。
小さな島のお宿のお話も聞いてみたいです。
それから
こんなもの好きだ食堂は
   どのへんでしょうか?(笑)
いわしのパスタをいただきたいです♪

rukaさんどうも。

食堂、いいですねえ。
やってみたいです。
毎日パスタのみ、
それも一種類しかない食堂。
食堂のおやじかあ。
あこがれるなー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅茶碗。 | トップページ | P.F.S.のスイッチプレート。 »