2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ビビデバビデブゥ。 | トップページ | 趣味のパスタ日記5。 »

2008/04/19

紅茶碗。

7s_081
コーヒーカップとか、紅茶碗とか
毎日使う食器は、
とても気に入っているものでも
なんとなく飽きた気分になるときはあるものだ。
飽きないまでも使用頻度がたかいがゆえに
欠けたりこわれたりすることだってある。

でも、
飽きるということはべつに悪いことではない。
飽きるからこそ、別のモノなりコトなりに
トライする機会がうまれるというものだ。
動きがうまれる、ということでもある。

だから、
特別何があるわけでなく、
ただかわり映えのしない日常に
ちょっとした閉塞感を感じたりするとき、
新しいカップを買って
使ってみるなんてことをしても
気分が変わるなら、それはいいことなのである。
そんな日常のささいなことにも
楽しみを見つけられるなら、
それはいいことなのである。
小市民万歳。

さて、この二つのカップは
以前に使っていたものだ。
けっこう大きめのサイズなので
紅茶をがぶ飲みする自分としては
使いやすいカップであった。
イギリスの女性陶芸家のもので
ビームスで買ったのだった。
底にむかってすっと細くなっていくフォルムがきれいなのと、
Drink MeとかSay When と書いてある
ちゃめっけがポイントか。

取手がとれたり、ふちが欠けたりして
最近、出番がなかった。
ツレが修繕をこころみて使える状態ではあるので
またいつか出番もあるだろう。
忘れたころに、
「おおこんなカップがあったか」なんて。

« ビビデバビデブゥ。 | トップページ | 趣味のパスタ日記5。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ビビデバビデブゥ。 | トップページ | 趣味のパスタ日記5。 »