2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ダミンズ。 | トップページ | ビバンダムくん。 »

2008/04/14

サボテン(枯れてる)。

7s_083

ふえるいっぽうの本が、
そのまま乱雑に棚の上に積み重ねられ、
なんだか殺風景なので
ちいさいサボテンの鉢をおいてみたのだ。
サボテンならひんぱんに水をやる必要もないし。
ちょっとはいい雰囲気か、
なんてほっておいたら
いつのまにやら枯れていた。
ああ、ごめんよサボテン。
そして、
かたづけなきゃなあ、なんて思っているうちに
ますますひからびてくるわけである。
しかし、そこまでくると
枯れぐあいが
なにやらオブジェのように
見えなくも、ない、気がしてきた。
だからそのまま置いてあるんだけれども
ひとが見たらやっぱり
単なる枯れたサボテンである。

でもなんだな。
モノのないすっきりした部屋はかっこいいし
あこがれる部分もあるけれども、
計算されたインテリアはときどき息苦しく、
モノがたくさんあってごちゃごちゃしていても、
そのひとつひとつが、
きっとその部屋の主人にとって
大切なものなんだということが伝わって、
けして醜くない部屋、というのも
あるんだと思う。
なんかそういう部分が
すこしは家のなかにあったほうが
心地いいのかもなとも思う。
少なくとも、自分にとっては。

で、どうだろう、
枯れたサボテンはやっぱり
かたづけるべきか。
サンタフェの乾いた風は感じないか。

« ダミンズ。 | トップページ | ビバンダムくん。 »

コメント

むかし、モロッコだかトルコだかの家のニッチにこれでもか!!ってくらい本が積み上げられているのを見たことがあります。そのぐちゃぐちゃ感がサイコーの均衡を保っていて美しいなと思いました。それ、思い出しました。
ニッチって小さなキリスト像を置くためのものらしいですね。
そう思うと枯れたサボテンが何かの像に見えてきました。
あ、でもここニッチじゃないですね。でもなんだかとても素敵です。

おっと、ハルオタカさん。
お久しぶりです。
ニッチ、初めてしりました。
勉強になります。

サボテンなんですけどね。
このブログ見ている田舎の親父から
「冬はわたにくるんで押入れにいれとくといいんだ」と説教されました。
サボテン道とはそういうものらしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ダミンズ。 | トップページ | ビバンダムくん。 »