2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« マドラスチェックとパッチワーク。 | トップページ | レトルダムールの菓子箱。 »

2008/05/13

趣味のパスタ日記6&オイルサーディン。

7s_103

そういえば、子供の頃、
父親が仕事で帰りが遅いときなど
母親は、夕食を子供仕様にして
スパゲッティーなどを作ってくれた。
父親がいれば晩酌をするので
やはりスパゲッティーというわけにはいかないのである。
昭和の時代のことなので
スパゲッティーといえばナポリタンかミートソースで、
夕食にはミートソースのことが多かった。
子供はみんなスパゲッティーが好きである。
とても嬉しかった。
しかしながら、やや偏食児童であった自分は
喜んでスパゲッティーを食べながら、
微妙にソースは残すような食べ方をしていた。
だって、具、よりも麺そのものが好きでさあ。
母親に、「あんたはなんでせっかくのおいしいところ残すの」
と、おこられつつ、不思議がられてもいた。

先週の土曜日のパスタは
バジルの入ったシンプルなトマトソースのスパゲッティーであった。
なぜならば、先日購入したラ・ベル・イロワーズの
オイルサーディン
がメインの食材だったもので。
その付け合わせには、パプリカのマリネを。
パプリカはグリルパンで真っ黒になるくらい焼いて
皮をすべてむいて、マリネしてある。
簡単なんだけどけっこう手間はかかっているのだ。
オイルサーディンが、缶詰をあけて
塩こしょうするだけなので、
ちょっとバランスをとってみた次第。
ごちそうっぽく見せたいわけだ。
ごちそうというか、前菜盛り合わせ的な感じに。
さてラ・ベル・イロワーズのオイルサーディンだが
肉厚で、「さかなを食べている」しっかりした感覚があり、
しかし生臭さのようなものがまったくなく、
とてもおいしいものだった。
これだったら、また買ってもいいなあ。
ちょと高めだけどさ。
なにしろ簡単だし、付け合わせをかんがえれば
「立派な一品」というやつである。

« マドラスチェックとパッチワーク。 | トップページ | レトルダムールの菓子箱。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マドラスチェックとパッチワーク。 | トップページ | レトルダムールの菓子箱。 »