2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ねこはのる2。 | トップページ | ポルトガルのラグ。 »

2008/07/13

プラスチックのスプーンとかフォークとか。

7s_130

コンビニや弁当屋で買うとついてくる、
スプーンとかフォーク。
チープということをカタチにしたようなものである。
でも、そんなチープなスプーンとかフォークにも
モノとしての美しさがあったりするのだなあ。
着色していない、たぶん生地の色だろう
オフホワイトのスプーンやフォークは
ふと気がつくと、とても優しい白色でもあり、
ナチュラルという、
およそプラスチックという素材からは
かけ離れた雰囲気さえある。
プラスチックは経年変化が味にならない素材だと
思っていたけれど、いちがいに
そうとも言えないのかもしれないとも思った。

このプラスチックのカトラリーの美しさは
残念ながら自分で発見したわけではない。
なにかの雑誌に、機内食やテイクアウトの食事についてくる
スプーンとかフォークを集めているひとの
記事がのっていたのだ。
すこしづつ違うカタチの面白さにひかれて
集めるようになったと書いてあったが、
色はオフホワイトで揃っている。
それらのスプーンやフォークが、
すきまを広くあけて並べられている様は
プラスチックという素材を
なにか特別なものにみせていた。
そんな写真を見て、
先入観でものを見ていると
気がつかないことがあるんだなあ、
なんて、すこしまじめに考えてしまった次第。

« ねこはのる2。 | トップページ | ポルトガルのラグ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ねこはのる2。 | トップページ | ポルトガルのラグ。 »