2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ヨーロッパぶらりぶらり。 | トップページ | ティーマ&桃。 »

2008/08/06

スミス&ホーケンのスツール。

7s_140

小さい扇風機があるのだけれど、
背が低くてうまく風があたらないときなど
亜鉛メッキの金属製のスツールにのっけて
首ふりをさせている。
クローム仕上げの扇風機と妙にマッチしているこのスツールは
実際はガーデンファニチャーで、
ぜいぶん前に通信販売で購入したものだ。
ちょっと記憶がさだかではないのだけれど
たしかスミス&ホーケンの製品だったか。
スミス&ホーケンはアメリカの
ガーデン用品のメーカーだけれども、
それを日本の通販会社が提携して販売していたのだと思う。
このスツールを買った頃といえば
まだセンスのいいガーデングッズなどは
日本製ではなかなか見つけることができず、
カタログにスミス&ホーケンの製品をみつけた時は
「かっこいいなあ」と、しみじみうれしかった。
そういえばその頃は、
海外の種苗メーカーからカタログを取り寄せ
種を購入したりもしていたんだった。
ガーデニングおたくである。
さてこのスツールだが、
なにも扇風機だけを載せるわけではなく
当然人が腰掛けもするのである。
このくらいの高さの椅子というのは、
気軽に腰掛けられるのでけっこうあると便利なものだ。
ふつうの椅子だと、座ることが
「腰を落ち着かせる」ことにもなるけれど、
これは座高が高いので
腰掛けてもすっと立ちあがれるのである。
たとえば料理をしながら手があいたときに
新聞をよんだり、話をしたり、
ほんのちょとの小休止に非常に便利なのである。
ふだんそんなに意識していたわけではないけれど
けっこう生活に密着している椅子でもあるのだな。

« ヨーロッパぶらりぶらり。 | トップページ | ティーマ&桃。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヨーロッパぶらりぶらり。 | トップページ | ティーマ&桃。 »