2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 鎌倉スーベニイル手帖。 | トップページ | ぼくと1ルピーの神様。 »

2009/03/06

ブラックニッカ。

7s_219

「お酒は好きですか」ときかれたら
「嫌いではないけれど強くはないです」と、答えている。
バリエーションとして、
「強くはないけれど嫌いではないです」というのもある。
この微妙なニュアンスの違いは
本人にしかわからないだろうか。
後者のほうが『好き』のニュアンスが強いんである。
積極的に付き合いたい飲み会の場では後者、
適当に流したいときは前者を使用したり。
ま、そんなことはどうでもいいのだが、
実際のところ毎日ビール1缶という酒量は、
ほとんど飲まないに等しいのかも。
平日は遅めの帰宅で
夕食をとりながらビールを飲むわけだが、
1缶だと微妙に量が足りない感じなのだが
2缶では多すぎるので、
どうしたもんかと思っていたのだが
ある日食後の紅茶に(もちろんティーバック)
残っていたバーボンをいれて飲んだら
妙に美味かったのである。
それ以来、食後に紅茶にバーボンをいれて飲むのが
定番になってしまった。
飲みたりない感も解消され、
食後のお茶もかね、効率的である。
ま、効率的である必要はあんまりないのだけれども。
そんなことやっていたら、バーボンがすぐ無くなったので
コンビニで買ってきたのが、ブラックニッカ。
ジャックダニエルとか、すかしたブランドもあったのだが
容量の少なめのボトルは、いまプラスチックなんである。
うーん、プラスチックボトルはないだろう。
と思っていたところに、目に入ったのがブラックニッカ。
昔からあったなあ、ブラックニッカ。
無骨なガラスビンがいい感じである。
日本の、普通の家庭の、
普通のお父さんのためのウィスキーって感じがするな。
ま、思い込みですけども。
でもその普通感がなんかいいなと思ったわけである。
あ、でも普通の呑み助のおとうさんからは
そんな飲み方すんなって怒られるか。

« 鎌倉スーベニイル手帖。 | トップページ | ぼくと1ルピーの神様。 »

コメント

おとうさんではありませんが呑み助です
安いので(すみません)ブラックニッカは寝る前の
やっとゆったり~のひとときの時間
生で舐めております・・・
あ 毎日ですのでそんなに量は飲んでません・汗
チェロを聴きながら生で舐めるウイスキー
それでやっと一日が終わります

おお、思いがけないところに
ブラックニッカ仲間が。
チェロを聞きながらですか、いいですねえ。
自分の場合1曲聞くまえに、
ソファで熟睡するだろうことは目にみえてます。
チェロは好きなんですけどね。
なにかおすすめの曲、ありますかねえ。


おススメ・・・といえるほどのものでもないんですが
私の定番はバッハの無伴奏チェロ(ヨー・ヨー・マ)
David Darling 「Dark Wood」なども夜にはいいかなと・・・

バッハの無伴奏チェロ(ヨー・ヨー・マ)は自分もたまに聴いています。
David Darling、とりあえずiTunesで試聴してみましたが、
いい感じですね。
こんどじっくり聴いてなにか購入してみようと思います。


通りすがりに、はじめまして。
私はミルクティにラム(キャプテン・モーガン)をたらすのがマイブームです。
お酒はほとんど〜まったくなせいか、アルコール摂取というよりもデザート感覚で満足感を得ているように思います。

「お酒」よりも「紅茶」部分に反応してしました。

さんごさん、こんにちは。
ミルクティにラム、美味そう。
甘くしたほうがいいですかね。
ハーゲンダッツに、
このフレーバーで新作をつくってほしい、
そんなイメージですねえー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉スーベニイル手帖。 | トップページ | ぼくと1ルピーの神様。 »