2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« イチゴちゃん。 | トップページ | にんじんのサラダ。 »

2009/03/23

ペリカーノ ジュニア。

7s_228

春だし。休みだし。
21_21Design Sightでやっている『うつわ』展を観に
六本木に行ったのだった。
雑誌でみてずっと気になっていたルーシー・リィーの作品、
実物を観る事ができると楽しみにしていったのだが、
なんだかなあ。会場構成が安藤忠雄ということで
確かに展示方法は素敵なのだけれど、
肝心の作品を間近にみることができないのである。
『うつわ』なんだからさ、もっと近くで
手にとれるような近さで観られることが
大事なように思うんだけど。ちょっと残念。
そんなわけで、すこしプンスカしながら
ついでに新国立美術館にも行ってみたわけだ。
ここのミュージアムショップである、
スーベニアフロムトーキョーは品揃えが面白そうで
前から気になっていたもので。
ま、ミュージアムショップというより
ハイセンスな雑貨屋という感じ。
楽しいと思う。
そこで見つけたのが、ペリカーノジュニアという万年筆である。
何年か前に無くしてから、万年筆からは遠ざかっていたのだが
最近また、欲しいなあと思っていたので、
すっと目に入ってきたのだった。
子供が正しく万年筆を握れるように、
グリップに指をそえるくぼみが付いているのが特徴。
とはいえ決してこどもっぽくはなく
大人が持っても違和感ないデザインである。
そしてなにより書き味がとてもいいのだった。
高級品は使ったことがないので比較しようがないのだが
試し書きするととてもなめらかで、
自分はこんなに字がうまかっただろうかと思った。
いや、うまくはない。
味、が字をうまく見せるのが万年筆の妙技であった。
そんなわけで、ペリカーノジュニアを購入。
でも1,500円。
帰宅してから、そこら中の文章を
このペリーカーノジュニアを使って紙に
書き写してみた。楽しかった。
ちょっと変か、自分。

« イチゴちゃん。 | トップページ | にんじんのサラダ。 »

コメント

ミュージアムショップって好きです。結構、掘り出し物ありますよね。美術館に行く楽しみに、おまけがついた感じ。

万年筆っていう言葉が既にレトロですね。いいかも。欲しいかも。

にゃんこにいちご!なんて可愛い組み合わせ!

世の中には
万年筆マニアというひとがいます。
自分の職場にもひとりいて、
会社でペリカーノジュニアを使っていたら、
『お、ペリカーノだね』と声をかけられました。
万年筆マニアにとっては、
既に有名なものらしいです。
その人は2本もってるって言ってました。
黒と赤いインクにしているそうです。
自分ももう1本ほしいかと…。

ペリカーノ、ジュニアはいいですよね。
私も2本持ってます。
ボールペンではBicが書き味よし。
筆記具はやはり、舶来ですな。
国産のGELインクも捨てがたいが。

なんか久しぶりに万年筆なんて使ってみると、
『手書き』するって大事だなあと思います。
ちなみに自分の場合、
ボールペンだと万年筆と逆で、
いっそう悪筆、っていうか
乱暴な字になってしまいます。
でも手帳には3色ボールペンがマストだったり…。
文房具って、けっこう難しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イチゴちゃん。 | トップページ | にんじんのサラダ。 »