2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 孤高のペンギンin スノードーム。 | トップページ | お香立て。 »

2009/03/30

山の上ホテル物語。

7s_231

正直言ってこの歳になっても
ホテルにはいまひとつ慣れることができない。
とくにチェックインの後
部屋までボーイが荷物を運んでくれるようなところは
国内外を問わず、苦手だなあ。
サービス慣れしてないわけである。
肩がこるのである。
そのくせ、ホテルの
バックストーリーのようなものには興味があって、
この本もそんなことから手にとってみたのだった。
山の上ホテルといえば、
作家が缶詰になるホテルとして有名で、
そのホスピタリティゆえに
ちいさいけれど独特の存在感のあるホテルである。
それはやはり経営者の個性ゆえであったことが
この本を読むとよくわかる。
外観のレトロな雰囲気もあり、
古き良き日本のホテルという感じだ。
池波正太郎がよく利用していたようで
その理由のひとつは、家族に楽をさせるためなのだそうだ。
それは自分がホテルに缶詰になることで、
家族に気を使わせなくて済むということのようだ。
作家という職業もたいへんだな、と妙なところで感心した。
そういえば、いままでで
自分が滞在した一番豪華なホテル(部屋)は
バリのインペリアルホテルである。
コテージタイプの部屋をホテル指定で申し込んだにもかかわらず、
ダブルブッキングかなにかで、
現地についてからホテル変更を伝えられたのであった。
その変更先がインペリアルホテルだったのである。
この変更が、飛行機でいえばエコノミーから
ビジネスへのアップグレードのようなもので、
そのコテージに案内されてびっくり。
コテージではなく一軒家。しかもプライベートプール付き。
リビングルーム、ベッドルーム、バスルーム、キッチン。
自宅の2倍はあった…。
その広さは持て余すほどであった。
いや持て余したのである。
しみじみ自分のことを貧乏臭いと思った。

« 孤高のペンギンin スノードーム。 | トップページ | お香立て。 »

コメント

山の上ホテル
ちょっと立ち寄る感覚でご飯を頂くことが多いような気がします
アメリカはシアトルで泊まったホテル
やたらと広いお部屋がたくさんあって
なのにかなり安いお値段で・・・
ボーイさんに「間違えてませんかっ?」と聞いて
「俺は知らん。フロントで聞け」と怪訝な顔をされたのを思い出しました

おお、山の上ホテル、
よくご利用ですか。
有名な天ぷらでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 孤高のペンギンin スノードーム。 | トップページ | お香立て。 »