2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 日だまり評論家。 | トップページ | 黄金週間。 »

2009/04/29

犬が星見た-ロシア旅行。

7s_242

この本を初めて読んだのは20年以上前だ。
初めて読んだときには
武田百合子についての知識があったわけではなく、
「なんとなく」おもしろそうだったから
手に取ってみたのだった。
いま思うと、それは
タイトルに惹かれたからかもしれない。
犬が星見た。
夕暮れ時の空に浮かぶ一番星を
小首をかしげた犬が見上げている、
のかどうかはわからないが、
なんて言うか旅の寂しさや楽しさや
旅というものに付随するさまざまな感情が
にじみ出るようなタイトルだ。
いままでに何度も読み返しているのだけれど
最近またふと目に留まって
再読したのだった。
いつ読んでも面白い本である。
旅そのものは何十年もまえの話だが
武田百合子の、旅の目の新鮮さは古びない、
そして旅の魅力だけでなく
一緒に旅行した人々との
さまざまなかかわりがとても興味深い。
とりわけ夫である作家の武田泰淳との、
残された一緒にいる時間の短さを予感するような
一見ぶっきらぼうだが、深い慈しみの情感が
こころにしみるのだった。

« 日だまり評論家。 | トップページ | 黄金週間。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日だまり評論家。 | トップページ | 黄金週間。 »