2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ぴちょんくん。 | トップページ | ビーチサンダル。 »

2009/05/22

屏風、のようなもの。

7s_250

うちのツレは映画の「ダビンチ・コード」が好きなのだが
ラングドン教授役がトム・ハンクスなことが気に入らないのである。
トム・ハンクスの役者としての力量は置いておいて
彼がヒーローを演じることについては
自分もすこし違和感はあるがな。
いずれにせよ、大きなお世話的な話である。
さて、この映画のシリーズ第二弾である
「天使と悪魔」がもう少しで公開される。
ローマとバチカンが舞台なのだと思うが
自分たちが何年か前にイタリアに旅行したときには
とうぜんバチカンへも行ったわけで
実際にいったことのあるところが舞台だと
より面白いんだろうな。
映画、観に行こうかな。
さてバチカンといえばサン・ピエトロ大聖堂だが、
聖堂の真上に屋上のようなスペースがあって
有料だが上れるようになっている。
エレーベーターもあるのだ。
ま、ちょっと興ざめと言えなくもないのだが、
階段で上るのもねえ。
その屋上からは確かサン・ピエトロ広場が見下ろせて
なかなか気持ちのいい場所だった。
そして屋上の片隅にかわいい小屋のようなものが建っており
そこで様々なキリスト教関連商品が売られているのである。
素朴な木製のクロスとか、
ミーハーなキリスト教グッズ好きの琴線にふれるものもたくさんあって
楽しくお買い物をさせていただいたものだ。
観光客の相手をするのがシスターたちだからか、
にぎやかながらも、穏やかな空気が漂っていたことが印象的だった。
さて、この写真の衝立というか屏風のようなものだが、
そのサン・ピエトロの売店で買ったもの、ではなく、
たぶん東京で買ったものだと思う。
でもmade in Italyのシールが貼ってあるので
同じようなものはそこでも売っていただろうけど。
左右の扉をひらくと聖母マリアの絵がでてきて
扉の裏側にはそれぞれ天使の絵が貼ってある。
本体は木製で、手彩色してあるのだった。
素朴でさ、こういうのはやっぱり好きだなあ、
という話である。

« ぴちょんくん。 | トップページ | ビーチサンダル。 »

コメント

二作とも本を読みました
映画は面白いんだ・・・
特に「天使~」のほうは「え~っと」と言う感想です
あ 写真立はいい感じですね

天使と悪魔、
本では既に読んでいるのですが、
実は、あまりストーリーは覚えていないのです。
ちょっと荒唐無稽な感じだったような気が。
逆に映画的、というか、
映像のほうがその味がいきるような印象もありますが、
どうなんでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぴちょんくん。 | トップページ | ビーチサンダル。 »