2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 坂道。 | トップページ | ゴシックな夜。 »

2009/06/30

蕎麦猪口。

7s_264

夏は蕎麦だな。
ま、夏でなくても蕎麦は好きなのだが、
冬にはざる蕎麦よりも
暖かい蕎麦を食べたくなったりするもので。
とくにうちで食べる際には。
考えてみれば我が家の日曜日の昼ご飯は
95%蕎麦である。
しかも土曜の夕ご飯は98%パスタなわけで、
もしかして食生活に関して
我が家はかなり貧弱なのであろうか。
うーん考えるまでもなく貧弱なんだろうな。
いいのである。
パスタも蕎麦も大好物なわけで。
偉大なるルーティーンと言ってほしい。
ビバ麺類、である。
四国の人だって体の85%がうどんでできているらしいし。
ウソですが。
さて、蕎麦の場合どうやったてウチよりは
蕎麦屋でたべたほうがおいしいものが食べられるのだが
(店を選べば、ではあるが)
ウチで食べるときにもそれなりに美味しく食べたいわけで、
そこに自分なりの工夫があるわけである。
その一。
茹でる時間を、書いてある時間より30秒短くする。
これはパスタと一緒だな。蕎麦アルデンテ。
時間どおり茹でると絶対柔らかすぎると思うんだけど
どうなんだろ、好みの問題か。
その二。
蕎麦猪口にちょっとこだわる。
いや、見た目もちょっとは大事ってことなんだが、
よく使うものは、本来は湯のみ茶碗であるところの
シンプルな粉引の器である。
老舗の蕎麦屋ではなく、
蕎麦好きが高じて、脱サラして
住宅街のなかにぽつんと蕎麦屋つくりました、
味はもちろん、器にもこだわりをうんぬん、
といった蕎麦屋で使ってるようなイメージである。
どんなイメージだ。
ま、この器だと、たとえ乾麺であろうと
美味しそうに見えるような気がするので、
ということである。
名前は忘れたが、ぜいぶん前に
青学の脇の小さな器屋で買ったんだったなあ。

« 坂道。 | トップページ | ゴシックな夜。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂道。 | トップページ | ゴシックな夜。 »