2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ブリキのバケツ。 | トップページ | 庭のホウキ。 »

2009/06/22

無くなりそうなジャムのビン。

7s_261

ま、朝はトーストにジャムという軽い食事なわけである。
なにが「ま、」なんだか。根拠無き上から目線である。
最近はマーマレードとイチゴジャムの2種類が
食卓にのぼっていたのだが、
なんだか律儀に半分づつ食べすすめていたのか
ふたつ同時に無くなってしまった。
あーなくなったー、なんて
起き抜けのぼーっとした頭で思ったのだが
なんだか空いたビンの並んだ様がきれいなのさ。
透明なガラスビンに、うすく残ったイチゴジャムの赤と
マーマレードのオレンジ色が
朝のひかりにきらきら輝いてねぇ。
うっとりしてしまったのである。
なんて繊細な感受性なんでしょう。
まるでオリーブ少女?
中年男子ですがね。
ともかく。
きれいだったということで。
あ、でも、あれだなあ。
本人以外のみなさんは
他人の食べ残しみたいなの見たくない、なんて思うのか。
いや申し訳ないことで。
そういえばSimply Breakfastっていうタイトルの、
自分の毎日の朝食を撮り続けた写真集があるのだけれど
欲しいんだよなあ。
良さそうなんだよなあ。
2シリーズあって、2冊で一万円くらい。
買っちゃおーかなー。
って、なんでおねだりっぽいんだ?

« ブリキのバケツ。 | トップページ | 庭のホウキ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブリキのバケツ。 | トップページ | 庭のホウキ。 »