2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« アーミーナイフ。 | トップページ | 小花模様のトイレットペーパー。 »

2009/07/17

招きネコ。

7s_271

昨日、夜の散歩にでたときのことである。
スーパーマーケットの前を通ると、
なにかの物音に驚いた小型犬が、つながれていたポールを倒し
リードをつけたまま、とととっと逃げていった。
あーあ、と思いながら通りすぎようとしたのだが
物陰にかくれてフルフルとふるえるちっちゃい奴を見ていると、
また驚いて車道にでも飛び出したらまずいなと思い、
そのまま通りすぎるのがためらわれた。
座敷犬、みたいな超小型犬があまり好きではなく、
そのぬれた黒々とした瞳が
決して愛くるしくは見えない自分ではあるが、
かといって、いたいけな小動物が
みすみす危険にさらされるのを無視できるほど
人でなしでもないのである。
それで、
幼児の扱いになれない大人のごとく、
おそるおそるそのちっちゃな奴に近づいて
ダイジョブでちよ〜、とか話かけながら
リードの端を押さえたのであった。
ここで少しシッポでも振ってくれたら
おおけっこうかわいい奴とか思うだろうに、
そのちっちゃいのは、ふるふる怖がるばかり。
そういうとこがいやなんだよっ。
ま、急ぐ訳でもないし、
リードの端を押さえながら、しばらくスーパーの入り口のほうを見て
飼い主がでてくるのを待っていたのである。
少しすると30代くらいの女性がでてきて、
すぐ、えっ?という感じでまわりをきょろきょろしはじめたので
彼女が飼い主であることはすぐ分かった。
15mくらい離れていて夜でもあったので、
大きく手を振って合図すると、
飼い主もすぐ事情を察したらしく、すみませーんと言いながら
小走りでやってきた。
そして無事引き渡せたわけだが、
そのちっちゃい奴は飼い主がきてくれた途端、
ちぎれんばかりにシッポを振って喜ぶのだった。
その健気さに、小型犬嫌いの自分も
ちょっとばかし感動した。
さて、唐突だが招きネコである。
真ん中と右のネコはツレ作。
とくに真ん中の奴がネコのそっけない感じがあって
いいと思うのである。
今日は犬にいいことしたしなー、
ウチのネコにもいいことあるといいなー
なんて招き猫を見て思うのであった。

« アーミーナイフ。 | トップページ | 小花模様のトイレットペーパー。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アーミーナイフ。 | トップページ | 小花模様のトイレットペーパー。 »