2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009/08/31

文庫本のカバー。

7s_289

文庫本をどういった状態で読むかというのは
わりと悩ましい問題だ。
文庫本自体、手軽に読めることが身上であろうし、
そういうものに、特別にカバーをかけるということは、
なにか過剰な感じがするのである。
昔テレビやピアノに、
レースのカバーをかけていたのと同じ匂いというか。
文庫本は、本来もっと、
ラフにカジュアルに接していいものだと思うのである。
だから、本屋でかけるカバーのままか、
いっそのこと全てはずした状態で読むのが潔い、ように思っていた。
とはいっても、
本屋の紙カバーも、はずれたり帯がずれたりの
扱いにくさがわりとストレスになったり、
本体だけにして読むのも、題名がまるわかりになって
すこし気になるし、はずしたカバー類の置き場所が
けっこうやっかいだったりするのである。
そもそも本屋の紙カバーでも、本体だけにするんでも
持ち歩くモノとして、デザインがいまひとつだったりすると
それも嫌かな、という感じ。
そんなことをいつも漠然とした悩みとして生きていたわけであるが
いつからか、電車のなかなどで、
皮や布製のカバーをかけて文庫本を読むひとが
目につきはじめたのである。
レースのピアノカバーなどと揶揄していたわけであるが、
ずっと観察していると、なんだか文庫本が扱いやすそうなのである。
スマートに本を読んでいる印象なのだ。
そんなわけで、
試しにブックカバーなるものを初めて買ってみた次第である。
某オシャレ系文房具店オリジナルで
厚手のシワ感のあるキャンパス地に
黒いワックスコードのしおり付き。
これがねー、具合がいいのである。
適度にハリのあるキャンバス地のものなので
表紙、裏表紙に堅さがでて開いた時の安定がいいし、
コードヒモのしおりがついているので
途中ですぐ挟んで閉じることができ
開くのも簡単である。
意外にも、いらいらしないで
本を読むことに集中できるのである。
食わず嫌いで申し訳なかった、と
彼らにはあやまっておきたく思う。

2009/08/27

キーホルダー、その2。

7s_288

フニクリフニクラ、フニクリフニクラ。
フニクリフニクラは
テクマクマヤコンに似ているな。
そんなことはどうでもいいか。
なぜフニクリかといえば、
ナポリのキーホルダーなので。
こういう観光地のお土産グッズは好きだ。
安っぽいのもいいもんだが、
土産物なのに、しっかりしたつくりなのも
時にはいいもんである。
このキーホルダーがそのタイプで、
ナポリのお土産なのに、しっかりしたつくりである。
「なのに」って、それはナポリに失礼か。
地名のはいっているところなんか
典型的な土産物パターンなんだけれど、
やけに洗練されているのである。
エメラルドグリーンの発色がきれいで
ゴールドのエンボス文字との組み合わせも
イタリア貴族の紋章につながるテイスト感である。
って、イタリア貴族の紋章なんて
よく知らないのだが。
でもなあ、このエメラルドの色が
南イタリアの空と海を連想させるのは確かで、
まだいったことのない地への憧憬を
かりたてるのである。
イタリアはローマとフィレンツェしか行ったことがないけれど、
ナポリ、行きたいもんである。
フニクリフニクラを歌いながらベスビオ火山に登り
ポンペイの遺跡を見学。
もちろん青の洞窟もはずせないわけだ。
アマルフィへも足を延ばしたいところだが
映画のせいでミーハーみたいでちょっと、という感じか。
でも現地でサラ・ブライトン聴いたら
ちょっと感動するかもな。

2009/08/25

アディダス スタンスミスのベルクロタイプ。

7s_287

カジュアルな服装でも
大目に見てもらえる職種なので、
仕事にいくときも、
よっぽどのことが無いかぎりスニーカーなのである。
ただし、ひたすらカジュアルなわけではなく
ラフななかにもある程度の
「きちっと感」のあるスタイルが好みなので、
ジャケットとセットアップのパンツで
足もとにスニーカーを合わせることが多い。
ドレスダウンなわけである。
だから、あまりくたびれたスニーカーでは
「きちっと感」も薄まるので、
まめに洗ったりと、結構細部には気を配っているのだ。
大人のカジュアルだからして。
でも、そんなこだわりがまわりに理解されているかと言えば
たぶんそんなことはないのも十分承知している。
いいのである。自己の充足が大事なのである。
そんなスニーカーであるが
ローテクなものが好きなので
よく履くのはコンバースと、
スタンスミスのベロクロタイプである。
これはヒモがなくてすごくラクチン。
キャンバス地のコンバースでは、
ややカジュアル過ぎかと思うとき、
皮製のスタンスミスをあわせると
素材感からか、ややフォーマルな印象になるので、
じつは使いわけていたりもするのだが
ま、それも本人にしか分からないこだわりである。
このスタンスミス、かなり長いあいだ履いて
かなりくたびれているので、
最近では仕事に履いていくことは無かったのだけれど、
ついにソール部分がさけてきて、寿命を迎えつつある。
海外旅行にも履いていったり、けっこう活躍したなあ。
4年間くらい履いているんではなかろうか。
まあ、モノとしての天寿を全うしたと言えるだろう。
実は新しいスタンスミスも購入済なのだが、
今のものが完全に履けなくなるまで
なんか下ろす気になれなかったりするのである。
愛着ってやつなんだろうな。

2009/08/23

犬のぬいぐるみ。

7s_286

ネコ派の我が家ではあるが、
所有している2体のぬいぐるみは、
どちらもイヌなのである。
ワン。
一体は、イヌというかスヌーピーのぬいぐるみで
ツレが学生時代に買ったもの。
そしてもう一体は、これまたツレが
ギャラリーで展示販売されていたものを購入したものだ。
なんでも、東京山の手のある一家が、
自宅を改装する際に処分したものを
一家分まるごと展示即売するという内容だったらしく、
会場にはいろいろなものが並べられ、
一般家庭の昭和という時代を
俯瞰するような展示だったらしい。
ツレはそのなかで、かわいげに首をかしげる
カフェオレ色をしたテリアのようなぬいぐるみに
ハートをわしづかみにされ、結果
そいつは我が家へやってきた、という次第である。
イヌの首には航空会社のタグがついたままになっており、
雰囲気的に外国製に見えることもあって、
その家の誰かが、
海外旅行の際のお土産として購入したのでは、
などど想像できてるのである。
そして、中古なのにあまり汚れてもおらず、
そのぬいぐるみはもしかしたら、
お土産として渡したかった誰かの手には届かず、
納戸か何かにしまい込まれていたのではないかとも思える。
実際に何があったのかは知る術もないけれども
モノの持つストーリーに、
ちょっと想像力をかきたてられて面白い。
後日(ぬいぐるみを購入して何年もたってから)、
とある本を読んでいて、その展示会が
渋谷パルコ・ロゴスギャラリーで開催された
「東京山の手 昭和三代ムラカミ家のモノに見る昭和史」
という企画だったことを知った。

2009/08/21

キーホルダー、その1。

7s_285

この秋冬は、
80年代がファッショントレンドなんですって。
いるなあ、トレンドではなく
80年代を引きずっている女性。
朝の地下鉄にいるなあ。
ワンレンで前髪だけちょっと上にあげてる感じのヘアスタイル。
そこだけ80年代から進化しなかった感じ。
どうして進化しなかったのか不思議ではあるが、
たまにそういう人は見かける。
それはさておき。
いわゆる80年代のファッションにも
それを身にまとうような人たちともあまり接点はなかったが、
それでも時代という流れのなかでは
知らず影響は受けるわけで
我が家でも、いまではまるで接点のないような
ブランドの品があったりする。
その当時のシャネルのアクセサリーは、
どこかクラフト感のあるラフな仕上げが特長で
ブランド品にはあまり興味がなくても
アクセサリーとしては魅力的だった。
ま、シャネルである必要性があったとすれば
それこそそれが時代だったから、ということなのだろうと思うが、
ハイブランドらしからぬ、ラフでジャンクな感覚が
他のブランドにはない魅力であったということだ。
ツレがいくつかアクセサリーを買ったりしていたわけだが
自分でもキーホルダーを持っていた。
いまでは、メッキがはげはげであるが、
昔はキンピカでけっこう派手なキーホルダーであった。
当時は、あたりまえだがカッコいいと思って
使っていたのだけれど、
客観的にみるとどうだったんだろう。
けっこういやらしい感じだったかもな。
でもいいのである。
そいう恥ずかしい失敗は
ファッションにはつきものであるからして。
テクノカット経験者に怖いものなし。

2009/08/19

ギンガムチェックのシャツ。

7s_284

チェック柄好きとしては、
基本のチェックとは
ギンガムチェックではないかと思っている。
思っているのだがその理由は何かといえばよくわからない。
なんとなく?んーなんとなくってこともないだろう。
なんか理由はあるんだろうな、と考えていたら思い出した。
通っていた幼稚園の、
夏の制服がたしかギンガムチェックだったはず。
幼稚園なので制服といっても、
スモックというかぶり物みたいな上着と
つばつきの帽子なのであるが、
それがたしか、
やや赤みの強いブルーのギンガムチェックだった。
気がついてしまえば
なんだか非常に単純な話である。
基本もなにも、たんなる刷り込みだったということか。
それでもギンガムチェックはやっぱり好きだなあ。
そもそも、誰が着ていても、
それなりにさわやかに見えるギンガムチェックは
洋服柄として優秀ということではないか。
ま、さわやかというか
子供っぽい、という見方もあるわけだが。
それに、メルヘン方向にまとまる危険性が
無きにしもあらず。
おおげさか。おおげさだな。
でもたとえばこのZUCCAのギンガムのシャツだが
生地がコットンではなく、
テロテロした生地なのである。
そして背中には、ボーリングシャツによくあるような
ロゴマークのような柄がスミ1色でプリントしてある。
さわやかさを打ち消すようなバッドテイストの味付けが、
ひと味違う大人のギンガムシャツなのである。
なんて。
いつ買ったか忘れたが、
なんだか4・5年は着ているなあ。
あんがい物持ちがいい自分。

2009/08/17

夏の終わり。

7s_283

なんだか、夏らしさのない天気が続いて
お盆の最後になってやっと、気持ちのいい夏晴れである。
今日は湿気の少ない過ごしやすい日曜であった。
お盆で車が少ないせいか、
空気には透明感があり、
照りつける太陽はまだまだジリジリと
肌を焦がすのであるが、
しかし日の光そのものは、すでにうっすらと
終わりの気配をまとっているのである。
往く夏。
夏そのものを体感しないまま、
夏を送る、というのもすこし寂しいものではあるが、
そんなセンチメンタルな心持ちは、けっこう好きかも。
なんて。
最近は10月になっても暑い日が続くので、
夏の終わり、などと言うセンチメンタルに浸って気持ちいいのは
今だけなんである。
お盆休みが終わるからメランコリックなだけなんである。
やれやれまたざわついた日々が。

2009/08/13

箱好き。ビール好き。その3

7s_281

箱好きのほうだが、
箱のなかにビール缶がなくなってうれしそうである。
ビールがないと、ほらねこんなにフィット!とばかりに
せまっくるしい箱にからだを沿わせて入っている。
フチのところに、アゴをのせると
これがまた安定がいいようで、うっとりした顔で
はまっているネコであった。
で、箱にはいると鳴くんだよなあ。
あれは「見て見てっ」てことなのかしらん。

2009/08/12

箱好き。ビール好き。その2

7s_282

ビール好きなほうの話。
お中元でいただいたおいしいビールがたくさんあって
ちょっとうれしい今日この頃。
休日のお昼には、
ランチビール、なんて、あえてカタカナで言って
ビールをいただくのである。
ああ、幸せ。
わざわざランチビールって呼ぶのは
昼間っから飲む後ろめたさが薄まるような気がするから。
…そんなことも気にする小心者。
たくさんあって…なんて言ってたら
冷蔵庫を見るとあと4本しかない。
寂しい…。

2009/08/11

ネコの置物。

7s_280

先日ニュースを見ていたら、
オーストラリア政府がエアーズロックへの登山を
禁止する方向で検討しはじめ、
早ければ2011年10月には全面禁止になるということを伝えていた。
もう10何年前の話だが、
会社の旅行でオーストラリアに行ったことがある。
途中二日ほど自由行動の日があり、
10人ほどのグループでシドニーからエアーズロックまで
足を延ばすことにした。
当然エアーズロック観光が目的だったのだが、
当時ガイドブックにはそれほど詳しい情報もなく、
登山などとおおげさなものとは思わず、
観光客ならだれでも登るような程度のものだと思っていた。
がしかし。
実際エアーズロックを目の前にすると、
その巨大さと
斜面の急さ加減に足がすくむ感じなのだった。
のぼり始めたらやっぱりかなりハードで、
へたれが多かったそのグループは
行程の半分も行かないうちに
半数以上がギブアップしそうだった。
なので、とりあえず健脚な3名が先にいくことにし、
残りは、休憩後無理そうだったら、そのまま登山口に戻ることにした。
自分は日頃運動はしているほうだったので
いちおう健脚組として登り続けたのであった。
頂上までは1時間半はかかったような気がするが
頂上から見渡す風景は、その大変さを補ってあまりあるものだった。
3名で感激に浸りつつ頂上付近を散策してどれくらいたったか、
ふと登山道のほうを見ると、
日本人グループが手をふりながら
やってくるではないか。
へたれはへたれなりにガッツをだして
頑張って全員でのぼってきたのである。
なんだかそれは無性にうれしい瞬間でもあったな。
エアーズロックは本来アボリジニ族の聖地だそうだから
登山禁止はやむを得ないと思いつつ、
自分は行く事ができて幸運だったなとも思うのであった。

で、ネコの置物は…という話であるが、
エアーズロックとはあまり関係がない。
シドニーのどっかのお土産屋で買ったものである。
でもそのオーストラリア旅行=エアーズロック観光のようなものなので
旅全体の思い出の品でもあるのであった。
かたっぽ落として耳がかけている、
石でできているネコである。

2009/08/09

FRISK BLACK MINT。

7s_279

アメを最後までなめられないタイプである。
すぐがりがり噛み砕いてしまうので、
つぎつぎと口に放りこんでしまう。
あれってなんかコツでもあるんだろうか。
ながながと舐め続けられる秘訣のようなものが。
なんだか、自分は、
口のなかでころがすというのが苦手のようで
こどものときも、
のどが痛いときにトローチなどを舐めるわけだが
つい噛み砕いてしまうのであまり効果がなかった。
だいたいあれだ、モノを食べる時には
ゆっくりよく噛んで食べなさいと言われるが、
そもそも、それも苦手なのである。
なんだかよく噛むと、口のなかで、
その食べ物とかけ離れたものになっていき
おいしくないように思うのだが。
やはり、原型を感じられるくらいにあっさりと噛んで
あとはのみ込んでしまうのが
いちばん美味しいと思うがな。
思うがなって、
子供じゃないんだからという話ではあるけれど。
最近、無駄な間食をしないように、
ミントなどをよく舐めるのである。
もちろんシュガーレス。
で、ミントもアメといっしょで、
口のなかで転がしつつ舐め続けるということができない。
ついばりばりと噛み砕いてしまうので、
一箱なんてすぐなくなってしまう。
いくらシュガーレスでも、一箱食べてたらねえ。
黒い箱のフリスクは
ミントも強くて好きである。
黒いパッケージも、
男前でいいなと思うのであった。

2009/08/05

箱好き。ビール好き。

7s_278

箱好きなネコ。
ビール好きな飼い主。
りょうほうに嬉しい、お中元である。
普段は中高年にうれしいカロリーオフタイプの
発泡酒を飲むようにしているのだけれど、
お中元バブルでビールの潤沢な我が家である。
うれしい。でもカロリーが気になる。
やれやれ。
箱にはビール缶が4本残っているくらいが
ネコにはちょうどいいようである。
ネコはもともと砂漠地帯に住んでいたので
暑さには強いというが本当だろうか。
ウチのネコの場合、
たしかに暑さには強いように見えるが
最近はさすがに膝の上にはのぼらない。
まあ、暑いので乗られればそれはそれで
ありがた迷惑。
でも少し寂しい。
…なんだか知らぬ間に
8月になっていたという感じだが、
暑さの本番はこれからだなあ。

2009/08/03

夏のパスタ日記。

7s_277

昨日、知人宅で食事会があった。
その際にパスタジェノベーゼが出たのである。
ベランダでバジルを育てていて
「つみ立てで作りました」、ということである。
パスタ好きを自認しているので、
ふふ、お手並み拝見するぜ、と上から目線で
いただいたわけであるが、
それはとっても美味かったのである。
味だけじゃなくて、
色も鮮やかなグリーンが残っていて
目にもおいしいパスタである。
で、今日の夕食。
昨日の食事会でのパスタの味が忘れられなく、
(数ある料理のなかの一品なので量も少々だったのでね)
しかも、
ウチで育てているバジルも、
そろそろ花芽が出るくらい育っているので
ジェノベーゼソースをつくることにした。
昨日の味を思い出しながら、
あまりくどくならないよう
塩やニンニクの量に注意して、
麺にうまくからむよう、すり鉢ですったり、
いつもより丁寧につくってみた。
で、結果としては
味はまあ合格点だとおもうのだが、
色はグリーンというより茶色である。
なんでだろ?
というかグリーンの色をきれいに残すには
なにか手順があるんだろうか。
うちにはバーミックスしかないのだが
それを使ってもあまり細かくできないので、
今回は包丁でみじん切りにしたうえで
すり鉢を使ったのだが、そのせいか。
その過程でどんどん茶色になってしまうのである。
うーん、悩ましい。
ジューサーとかミキサーとか、
そんな文明の利器を使わないと
キレイなジェベーゼはつくれないんすかねぇ。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »