2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« FRISK BLACK MINT。 | トップページ | 箱好き。ビール好き。その2 »

2009/08/11

ネコの置物。

7s_280

先日ニュースを見ていたら、
オーストラリア政府がエアーズロックへの登山を
禁止する方向で検討しはじめ、
早ければ2011年10月には全面禁止になるということを伝えていた。
もう10何年前の話だが、
会社の旅行でオーストラリアに行ったことがある。
途中二日ほど自由行動の日があり、
10人ほどのグループでシドニーからエアーズロックまで
足を延ばすことにした。
当然エアーズロック観光が目的だったのだが、
当時ガイドブックにはそれほど詳しい情報もなく、
登山などとおおげさなものとは思わず、
観光客ならだれでも登るような程度のものだと思っていた。
がしかし。
実際エアーズロックを目の前にすると、
その巨大さと
斜面の急さ加減に足がすくむ感じなのだった。
のぼり始めたらやっぱりかなりハードで、
へたれが多かったそのグループは
行程の半分も行かないうちに
半数以上がギブアップしそうだった。
なので、とりあえず健脚な3名が先にいくことにし、
残りは、休憩後無理そうだったら、そのまま登山口に戻ることにした。
自分は日頃運動はしているほうだったので
いちおう健脚組として登り続けたのであった。
頂上までは1時間半はかかったような気がするが
頂上から見渡す風景は、その大変さを補ってあまりあるものだった。
3名で感激に浸りつつ頂上付近を散策してどれくらいたったか、
ふと登山道のほうを見ると、
日本人グループが手をふりながら
やってくるではないか。
へたれはへたれなりにガッツをだして
頑張って全員でのぼってきたのである。
なんだかそれは無性にうれしい瞬間でもあったな。
エアーズロックは本来アボリジニ族の聖地だそうだから
登山禁止はやむを得ないと思いつつ、
自分は行く事ができて幸運だったなとも思うのであった。

で、ネコの置物は…という話であるが、
エアーズロックとはあまり関係がない。
シドニーのどっかのお土産屋で買ったものである。
でもそのオーストラリア旅行=エアーズロック観光のようなものなので
旅全体の思い出の品でもあるのであった。
かたっぽ落として耳がかけている、
石でできているネコである。

« FRISK BLACK MINT。 | トップページ | 箱好き。ビール好き。その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FRISK BLACK MINT。 | トップページ | 箱好き。ビール好き。その2 »