2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 文庫本のカバー。 | トップページ | 寺内貫太郎一家。 »

2009/09/02

コード製のブレスレット。

7s_290_2

ツレは手先が器用である。
その時々で熱中するものはさまざまだが
どんなものでも、
仕事の丁寧さにはいつも感心してしまうのだ。
その丁寧さが、何故家事にはいかされないか、
という疑問を持ちつつもだが。
さてそんなツレが、ある時期、いろいろなヒモを使った
アクセサリーづくりに熱中したことがあった。
このブレスレットもその時につくったもののひとつで、
ワックスコードを細かく編んで、
あいだにシルバーのビーズなどを埋めこんである。
自分は、あまりアクセサリーをつけるタイプでもないし、
中年男性のアクセサリー使いは、
ときに痛々しいだけだったりするので
日頃は自戒しているのだが、
夏の休日くらいはいいかということで
最近たまに身につけているのだった。
そういえば、
アクセサリーづくりに熱中していた頃、
溜まった作品を売るために、
フリーマーケットに参加したことがあった。
そんなに売れたわけでもなかったけれど
おもしろい経験だったな。
おもにアクセサリーを売ったのであるが、
いちばんうれたのは、
これまたツレがつくった鍋つかみである。
おばさんが
「ちょっとした贈り物にいいわ」と
まとめて5・6個買っていってくれたのだった。

« 文庫本のカバー。 | トップページ | 寺内貫太郎一家。 »

コメント

すばらしいパートナーですね!尊敬します。

その丁寧さが、何故家事にはいかされないか、
という疑問はどの家庭も持ってるハズですが、
そこは言いっこナシですね(笑)(^∀^〇)

あんたのほうこそ
丁寧さにムラがある、とツレには言われます。
確かに反論できません。
人とはそういうもの…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文庫本のカバー。 | トップページ | 寺内貫太郎一家。 »