2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« クスクス。 | トップページ | ネコのおもちゃ。 »

2009/10/27

ウィリー・ネルソン アメリカンクラシック。

7s_311

音楽にはまったく詳しくないんだが。
ましてやジャズファンでもないんだが。
重ねてカントリーファンではないんだが。
刻々と秋が深まるこの時期に聴きたくなるのは
こんなアルバムかと思うのである。
ウィリーネルソンはカントリーの歌手だが、
ジャズのスタンダードといわれるような曲を
歌っているのがこのアメリカンクラシックだ。
ウィリー・ネルソンの渋い歌声と
その声に軽くからまるようなピアノが
とてもいい感じだ。
なんだか、時間に追われるような毎日を過ごしているのに、
相応の充足感もなく、
なんだかなー、なんて気持ちがめげる時に聴くと
そういうさ、目先のことではない、
もっとひろい気持ちが持てるようになる、
そんなアルバムのような気がするなあ。
すごくゆったりした気持ちになれるのだ。
ウィリー・ネルソンがおじいちゃんだからか。
いや、ふざけてるわけではなくて。
年齢の持つ説得力みたいなものかなと。
アルバムジャケットの
ウィリー・ネルソンがまたかっこいいんだ。
枯れつつこんな色気のある爺ちゃんに
なりたいもんだ。

« クスクス。 | トップページ | ネコのおもちゃ。 »

コメント

渋い歌声といえば、ジョニー・キャッシュも外せないですよ!
不良じいちゃんカントリーシンガー。もはやレジェンド。

お、ken兄さん!
コメントありがとう。
ジョニー・キャッシュねー。
名前だけは自分も知ってます。
今度聴いてみよう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クスクス。 | トップページ | ネコのおもちゃ。 »