2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 趣味のパスタ日記/2010年1月11日。 | トップページ | 趣味のパスタ日記/2010年1月23日。 »

2010/01/20

PHILIPSヘアカッター。

7s_346

基本坊主のようなベリーショートなヘアスタイルであるため、
床屋にはわりと頻繁にいくのである。
短髪だと、髪がすこし伸びただけでも
ものすごく気になるのだ。
ま、本人が気にするほど
まわりはなんとも思っちゃいないのだが。
それにしても、伸びが目立ちやすいのは確かで
おまけに伸びた坊主アタマというのは
なんだかやけに貧乏臭いというか、田舎臭いとうか、
垢抜けない印象ではないだろうか。
でも床屋に行くのはけっこう時間がとられるし
面倒でもあるのだ。
そのジレンマにいつも悶々としていたのであったが
ついにバリカンを買ってセルフカットすることにした。
じつは以前にも、自分でバリカンで刈っていたことがあるのだが
後始末が面倒なのと、なによりこの絶壁後頭部を
うまく刈ることができず、半年ほど続けてやめたのであった。
しかしながら、床屋で刈ってもらう際の細かい観察と、
本来もち合わせているデッサン力によって、
いまならもっと上手くカットできる、ような
イメージがあったのである。
根拠なき自信のようでもあるが。
なんかね上手くできそうだと思ったら
試さずにはおれなくなった、というのが実際のところ。
年末に買った家電についたポイントの交換で、
手に入ることもあり。
選んだのはPHILIPS。
このバリカンのすごいのは、ヘッド部分が
45度から90度回転させることができることである。
これが、なぜ重要かといえば
歯の角度がかえられると
後頭部のカットが飛躍的に楽になるのである。
合わせ鏡をしながら、右手のみで
ほぼ後頭部全体をカットできるのはすごい。
そして以前のバリカンにくらべると
かなりの軽さで、腕をずっとあげておくのも
かなり楽なのである。
自分の頭部は左手から見るとまあまあきれいなカタチで
右手から見ると、超絶壁なのであるが、
このバリカンによって、
左手から見るぶんにはほぼ完璧なカットに仕上がった。
西洋オシャレ坊主系?
何回かやれば右手超絶壁をもカバーできるテクニックを
体得できるであろう。ふふふ。

器用貧乏?

« 趣味のパスタ日記/2010年1月11日。 | トップページ | 趣味のパスタ日記/2010年1月23日。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 趣味のパスタ日記/2010年1月11日。 | トップページ | 趣味のパスタ日記/2010年1月23日。 »