2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 趣味のパスタ日記/2009年12月30日。 | トップページ | 旅するアメリカ文学 名作126。 »

2010/01/10

パスケース。

7s_342

クールな雰囲気というか、
ものに動じない落ち着いた存在感というか。
そんな男に自分はなりたい。
と、つねづね思っていたわけである。
そういうのが、カッコいいのではと。
が、しかし。
どう見てもこの自分、粗忽者、おっちょこちょいなのである。
うーん、おっちょこちょい。
なんと破壊力のある言葉であろうか。
すべてを台無しにしてしまう、
クールとは対極にある言葉である。
そんな自分は去年の11月の終わり頃、
使用期間が一ヶ月残ってる定期券を紛失して
かなりへこんだわけであるが、それは
なにもその件だけが理由ではなく、
何年か前に、PASMO(東京の地下鉄の磁気カード)に
五千円ほどチャージし、すぐ地下鉄に乗り
ふたつ先の駅で降りようとしたら
PASMOがどこを探しても無い、つまり紛失した。
そんなことがあったのに、
また同じようなことをやらかしたので
へこんだというわけである。
その、自分の『おっちょこちょい』さ加減に
へこんだわけですね。

で、年も明けあらたな気持ちで定期券を購入したのであるが、
これでまた無くしたら、ほんとのバカモノだと思い
なにか対策をと考えた末に、パスケースを買ったのである。
なんでそれが紛失対策かというと
いままでは剥き出しのカードを財布にいれて
使うたびに出し入れしていたのであるが、
裸のカードのままだと、
すべりが良すぎてポケットからすべり落ちても
分かり難いが、ケースなどにいれれば
落とした瞬間に気がつくのでは、などど思ったのである。
ま、どう考えても気休めでしかないんだが。
買ったパスケースは、本皮のイタリア製。
でもセールで50%オフで¥1050。
かわいい値段である。ちょっとうれしい。

« 趣味のパスタ日記/2009年12月30日。 | トップページ | 旅するアメリカ文学 名作126。 »

コメント

私は定期券1枚ではないので、2ポケット以上のパスケース必須なのですが
鞄のなかでよく迷子になります。
対策として、ボールチェーンなどが付けられそうなパスケースを購入したものの、未だにストラップもナスカンもつけていないという…(苦笑)

都会では違う路線の切符を買うという事もないかもしれませんが、たまに買う小さな切符もパスケースに挟むとサッと出せるし、スタバカードなんかも便利ですよ( ´ ▽ ` )

2010年、今年もブログ拝見させて頂きます。
よろしくお願いいたします。

かわいいパスケースですね。1050円には見えません。
色味もいいです。

私は改札機を通る時はサイフごとかざしています。
香港などではカバンの底に入れておいてカバンごと
かざして行く女性が多数居ますね。

☆さんごさん、こんにちは。
そうですよね、鞄のなかで迷子になりますよね。今回、この色のパスケースにしたのは、鞄のなかで見つけやすいように、です。
鞄が黒なんで、暗めの色だとわかんなくなるんですよね。ちっこいことですが、何につけ快適な使い方ってけっこうむずかしいと思う今日この頃なのでした。

☆あにさん、今年もよろしくお願いします。
じつはいつも疑問だったんです。財布のままかざしてもカード読み取れるんですね。財布かざしてるひとは、なんかそういう仕様の特別の財布使ってるもんだとばっかり思っていました。
あと疑問なのは、改札の読み取るところに、その財布をたたきつけるようにする人がいるんですけど、そんな乱暴にせんでも、と思うんですけど、あの刺激が読み取りやすくしているとか?そんなバカな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 趣味のパスタ日記/2009年12月30日。 | トップページ | 旅するアメリカ文学 名作126。 »