2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 捨てられないセーター。 | トップページ | 坊主アタマ。 »

2010/03/30

昼からワイン。

7s_368

26・7歳の頃だったか、旅行先のロンドンで、
ハロッズをうろついていたときのこと。
お昼になり上階のレストランでランチを食べていたのであるが、
ふと回りを見渡すと、普通席とは違うちょっと気取った感じのエリアがあって
そこでイギリス人のパリっとした身なりの若い一団が、
食事をしていたのである。
苔のはえそうな言葉であるが、
もろ「ヤング・エグゼクティブ」といった雰囲気であり、
彼らのまえにはフルートグラスが置かれていた。
その中身はもちろんシャンパンだろう。
あれが、シャンパンブランチってやつか、と、
自分とはあまりに別世界に見える光景に、
なんだか、少しつまらない気分になったものだ。
いま思えば、いくら高級であっても
デパートのレストランなわけで、
思ったほどエグゼクティブでもなければ
かっこいい一団でもなかったと思うのだが、
なんか気後れしてたんだろうな。
それに、平日の昼間からシャンパンなど飲んでしまう
優雅さ(のようなもの)が、
ある意味カルチャーショックでもあったのだろう。
さて、そんな自分も
いまでは日曜の昼間からシャンパンなど飲んでしまう身分。
いや、シャンパンではなく、
昨日の夜の飲み残しのオーストラリア産の
スパークリングワインだが。
でもスパークリングワインだとしても
ちょっとオシャレな感じではあるだろうか。
お昼のうどんの準備しながら
飲んでいたにせよ?
いやあ、昼間っからお酒を飲むというのは
なんだか妙に楽しいものである。
楽しかったので2杯のんだら、
その後寝てしまい、気がついたら夕方だった。
貴重な休日の午後を
惰眠でつぶしてしまった後悔が
ひたひたと心を満たしたのは
言うまでもない。

« 捨てられないセーター。 | トップページ | 坊主アタマ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 捨てられないセーター。 | トップページ | 坊主アタマ。 »