2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 趣味のパスタ日記/2010年2月20日。 | トップページ | 趣味のパスタ日記/2010年2月27日。 »

2010/03/01

クリープ。

7s_358

クリープ、誕生してからもうすぐ50年らしい。
自分より年下かと思ってえばった口をきいていたら、
相手はじつは同年代、もしくは
年上であることが発覚したときと同じバツの悪さを感じるな。
失礼した。
そうかー、クリープはそんなに長い時間を生き抜いてきたわけだ。
はじめてクリープというものを認識したのは
小学生のとき、知り合いの家に遊びにいった際に、
クリープ入のコーヒーを飲ませてもらったときである。
でも、あまりコーヒーを好まない家庭で育ったために、
それ以降、あまり馴染みもなく生きてきて、
大人になってからコーヒーをよく飲むようになってからは
牛乳そのものを入れたりして、
パウダーミルクなど存在さえ忘れていたわけだ。
しかしながら、日本のある一定数の家庭には
いつもクリープが常備されながら
時代は昭和から平成へ変わっていったということか。
すごいなクリープ。
さて、なぜに今我が家にクリープがあるのかというと、
ツレの好みもありうちでは豆乳をいれた紅茶をよく飲むのであるが、
コーヒーも好きな自分としては、
うちでもたまに手軽にインスタントコーヒーなど
飲んだりするのである。
しかしながら、インスタントコーヒーに
成分無調整の豆乳はうまくまざらないんだな。
ちょっと薄気味悪い見かけの飲み物になってしまうのだ。
で、スーパーでたまたまクリープをみかけ、
おお、こんなものがあったか、と購入したのである。
ちょっと甘くてさクリープ、優しい味になって
おこちゃまコーヒーとしてはいい感じ。
そんなクリープは、黄色いパッケージがなんだか自信ありげである。
50年だもんなあ。
実績からくる自信ということか。

« 趣味のパスタ日記/2010年2月20日。 | トップページ | 趣味のパスタ日記/2010年2月27日。 »

コメント

今のクリープは昔より背が低くて太っちょだけど、
若々しいデザインになりましたよね〜。

小さい頃実家では、クリープの大瓶が常備されていました。
特にコーヒー通というわけでもないのに、
父がおやつタイムに必ずクリープ&砂糖入りの
インスタントコーヒーを飲んでたからでした。
おやつとの食べ合わせは問わず、
お煎餅でも裂きイカでも塩豆でも…何とでもコーヒー。
子どもだったワタシはコーヒーは飲めず、
もっぱら練乳味のクリープをスプーンですくって、
粉のままガバガバ食べてました。
あっと言う間に無くなるのでよく叱られたものですー。
今では「大人な」ブラック等のワタシ。
クリープの常備はないけれど、瓶入があれば、
きっとまたスプーンですくって食べちゃうだろうなぁ・・・

N2さん、こんにちは。
そうかクリープって練乳テイストなんですね。
だから懐かし感じがするのか。
納得。
そういえば、ミルクケーキとかいう、
平たい板状の粉っぽいミルキーみたいな
お菓子もあったなあ。
ひとつづつセロファンで包んであって。
けっこう好きだったこと、思い出しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 趣味のパスタ日記/2010年2月20日。 | トップページ | 趣味のパスタ日記/2010年2月27日。 »