2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« おまけのトートバッグ。 | トップページ | 新宿御苑。 »

2010/05/17

ニョッキ。

7s_382

ニョッキをつくった。
最近じゃがいもをよく食べ、
しみじみ旨いと思うので、
いま、ニョッキを食べたらすごく旨いんじゃないかと。
「いま」と、わざわざつけたのは、
前回ニョッキを作ったときに、ものすごく期待ハズレだったからである。
前回といっても、もう10年以上前のことだが。
イタリア料理の本に載っており、
とても興味をひかれたのである。
で、勇んでつくってみたのだが、
「こんなもの?」という仕上がりだったわけだ。
そもそもそれ以前に食べたことがないので
ニョッキの標準的な味というものを知らないので
自分でつくったそのニョッキなるものが、
どの程度のできだったのか、という問題はあるのだが。
なんというか、ねちょっとしたパスタのようなかたまり?
手打ちパスタに挑戦したときの感激とは雲泥の差である。
いわゆる「粉もの」が好きで、
実家で母親が作る、肉団子と称していた
ひき肉入りのすいとんなどものすごく好きであった。
すいとんも、ねちょっと系であるが、
なんていうか汁の味がしみて
しみじみ旨いのだが、
ニョッキはなんだか、
ソースとあくまでなじまないというか、
味のない粉のかたまりを食べているような…。
そんなニョッキなもので
今回一抹の不安があったのである。
しかし10年という歳月は、
自分の料理の腕も向上させたろうし、
「こんな旨いものだったか」という
感激が味わえるかと思ったのである。
さて、食事のあと、
ツレにニョッキはどうだったか聞いてみた。
「ニョッキはニョッキよね。」
うむむ。
反論できない。
というか自分でもそう思った。
「ニョッキはニョッキ。」
手間かかったのになあ。
ああ、おいしいニョッキはおいしいもの?
だれか食べさせておくれ。

« おまけのトートバッグ。 | トップページ | 新宿御苑。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おまけのトートバッグ。 | トップページ | 新宿御苑。 »