2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ドアストッパー。 | トップページ | ウィスキーの水割り。 »

2010/11/29

シェーカー鉢。

7s_450

こころひかれるカタチというものがあり、
それを見つけたなら、
身近に置いておきたくなるものだ。
それが芸術としてのオブジェであれ、
器という機能を持つものであれ。
そして、芸術はたとえ手に入れたくとも
いろいろな面で難しくもあるが
器なら、まあ、たかが知れており、
ぺらぺらっとした紙切れを
何枚か差し出せばいいだけである。
で。たかが知れているので手に入れたわけだ、器を。
なんだか妙に言訳がましい。
出西窯のシェーカー鉢。
この器はアメリカのシェカー教徒が使っていた鉢を
写した(かたちの見本とした)ものだそうだ。
購入したのは七寸であるが、
もう少し小さいものと大きいものがあり、
重ねてスタッキングできるようになっている。
そんなところに、
シェーカー家具などと同様の機能性があり、
彼らのシンプルで
無駄のない暮らしぶりが目に浮かぶ。うそだが。
北欧の食器のようなモダンさは
そんな出自ゆえであったか。
そしてシンプルでモダンな印象ではあるが
ぽってりした厚みが手仕事の気配を醸し出し、
民藝的な魅力のある器でなのである。出西窯ならでは。
などと、ほとんど新宿のBEAMS6Fのお兄さんが
説明してくれたことの受け売りだがな。
でも出西窯の成り立ちなども説明してくれて
ためになったよ。ありがとうアニキ。
この器、和食でも洋食でもどちらでも合いそうである。
今日は、いちおう洋風の
バジル風味のきのことジャガイモの炒めものを。
とてもいい感じであった。
ほんのりうすいクリーム色なので、
煮物系の茶色には合うのである。
だからお煮染めでもOKのはず。

« ドアストッパー。 | トップページ | ウィスキーの水割り。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドアストッパー。 | トップページ | ウィスキーの水割り。 »