2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« Dr.マーチン。 | トップページ | 護符のような。 »

2010/11/14

ごはん。

7s_445

毎年、秋になると
母親が新米を送ってくれる。
もう何年も玄米を送ってもらっていたのだが、
最近自分が玄米特有の匂いが苦手になってきたもので
今年は白米をリクエストした。
その送ってもらった米を炊いたらば。
これがうまいのなんの。
いちおう米どころと言われる地方のお米なので
いつも一定のレベルではあると思うのだが、
おいしさが別格。
ツレも同じことを言っているので
自分だけの思い込みでもないと思われる。
ほんとに旨いので、
白米をおいしく食べるための献立を、ということになって、
つくったのがこの夕飯。
ヒジキの煮物。
塩ジャケ。
筋子の醤油漬。
白菜のつけもの。
みそ汁。
しみじみ粗食だが、
ご飯がおいしいぞ。
ほんわか幸せな夕食である。
幸せ…ではあるのだが
おいしくてご飯を食べ過ぎる。
炭水化物って太るんでしたっけね。

« Dr.マーチン。 | トップページ | 護符のような。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Dr.マーチン。 | トップページ | 護符のような。 »