2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 天使の蝋燭。 | トップページ | 12月18日のパスタ日記。 »

2010/12/18

冬のバラは空に白く透明に消え行く。

7s_459

詩的なタイトルである。
詩的、ですよね、
意味ないですかね。
いや意味などなくていいのだ。
なぜこんなタイトルかといえば、
バラのことを書きたいのに、
このバラの品種名がわからないから。
だもんで、
あいまいなタイトルにする必要があったってことだ。

内容的には、

ちょと季節外れなんだけど
ミニばらの元気がよくて
たくさんの花が咲いている、
うすいピンクの花色が冬のせいか白さを増し、
クリアな冬の空に透けるように咲いているのをみて
私はうれしい。
と、いうことを書きたいわけである。

あ、終わってしまった。
簡潔な文章。でいいのか。

園芸の本などを読むと
「園芸は、植物の名前をきちんと覚えることから始まります」
なんて書いてあったりするんだ。
でも、物覚えの悪い自分は
ほとんど覚えられない。
とくに英名でカタカナが続くようなのは頭に
まったく入っていかない。
っいうか覚える気がないんだな基本的に。
なんかそのへんがものすごく無精な自分である。
だから、もしガーデニング好きの人と
話をしても、胡散臭く思われるような気がする。
ああガーデニングは好きなのに。
だから、仲間にいれてね。
って、誰に言ってるんだ自分よ。

とにかく。
バラが寒さにまけず頑張ってさいていて
オジさんはうれしいってことである。

※オジさんでバラといえば、
マイク真木。
あー、話が古すぎて誰もわかんないかも。
わからなくてもクリックしてもらえませんか?

Banner_11_3

« 天使の蝋燭。 | トップページ | 12月18日のパスタ日記。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天使の蝋燭。 | トップページ | 12月18日のパスタ日記。 »