2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 曇ったガラス窓にLOVEと。 | トップページ | 天使の蝋燭。 »

2010/12/14

爪切り。

7s_457

洗面所にジャムの空きビンが置いてあって、
そのなかに、爪切りだとか、
ヤスリだとかを
とりあえずという感じで、
つっこんでいるのであるが、
ふと先日、長いこと使われることもなく
放置されているモノに目が止まったのである。

それは切れ味のせいか、
使うことのなくなった爪切りだ。
なぜにこの爪切りはここにあるのか、
まったく覚えもないのだが、
若かりし頃、大学入学のために
上京(←なんだか死語的な…)したときから
あったような気もするなあ。

それにしても、
こうやってまじまじと見てみると
なんと昭和レトロな。
さびれた観光地のお土産屋の片隅に
ホコリをかぶっているような、
その存在感に、
間違ってうっとりしてしまいそうだ。
街なかを歩いていて
角をまがったら、ふとツタの絡んだ古い洋館が
あらわれてタイムスリップしたようでもある。
なんていってもバラモチーフがいかす。
透明アクリルで絵柄をコーテイングするような処理は、
フランスのブルボンキーホルダーのようで、
コレクターの存在をも匂わせるのである。
いや、そんなものは匂わん。
でもレトロで、ムーディで、
ちょっと捨てるには忍びないか。

※すんません、すんません。
まだランキングには参加してます。
下のちいさいバナーをクリックしてもらえると
非常にうれしい。
いやわかってるんですよ、
そんなクリックする義理がわたくしに対してないことは。
ごもっともでございます。
でもほら、ボラティアのようなものだと思えば、ね。
してもいっかなー。って思いませんか。

Banner_11




« 曇ったガラス窓にLOVEと。 | トップページ | 天使の蝋燭。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 曇ったガラス窓にLOVEと。 | トップページ | 天使の蝋燭。 »