2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 3月5日のパスタ日記。 | トップページ | 祈り。 »

2011/03/09

パピエラボのポストカード。

7s_499

なんでかわからないが、
店頭でこのポストカードを見つけて
目が離せなくなった。
「I PRAY FOR YOUR HAPPINESS.」という言葉とともに
山並みを描いたイラストがあるだけの
シンプルなカードである。

アメリカの、地方都市の、
街からはずれた辺鄙な、
だけど交通量だけは多いような道沿いのモーテル。
そのモーテルの部屋の、
すり切れたカバーがかけてあるベッドの
サイドテーブルに、
聖書と一緒に置いてある、かのような。
またはアメリカのさびれた観光地の、
土産物屋の絵はがきのスタンドに
忘れられたように置かれているような。
どういうんだろう。
ロードムービーのひとつのシーンのような、
そんな匂いがする。

カードにあるのは
英語の慣用句のような言葉と、なんの変哲もない絵なのだが、
その言葉と絵が、
こころに染みてしょうがない。
距離を置いて勇気づけてもらっているというか、
ぶっきらぼうに愛されているような感覚でもある。
うーん、よくわからないが、
なんだかおセンチな気分にさせられるということだ。
おセンチ、なんていまどき言わないか。


☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11_2

« 3月5日のパスタ日記。 | トップページ | 祈り。 »

コメント

「目を上げて、わたしは山々を仰ぐ。わたしの助けはどこから来るのか。わたしの助けは来る、天地を造られた主のもとから。」ご無沙汰しています。そしていきなりすみません、記事を拝読して聖書の詩編121編の詩を思い起こしました。
この詩人は山々を見上げて神の助けを待ち望んでいる、そういう状況の中でうたったものだと思います。関東大震災後の日本YMCAと第二次大戦後の疲弊した日本農村を民主的復興に導いたポール・ラッシュの座右の銘とも言われています。
諦めて見上げるのでなく、希望を持って待ち望む。今回の震災で人間の仕事はどのような状況にあっても「生きる」ことなんだなと、改めて思わされています。

mooさん、こんにちは。
今回の震災の前に書いたこの記事ですが、なんだか暗示的なものになってしまいました。いまはまだなにも解決していないけれど「諦めて見上げるのでなく、希望を持って待ち望む」こころを持ちたいですね。本当に。そして「生きる」という仕事を続けていかなければ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月5日のパスタ日記。 | トップページ | 祈り。 »