2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« パピエラボのポストカード。 | トップページ | ろうそく。 »

2011/03/12

祈り。

7s_500

生まれ育った土地をはなれて、
30年以上たとうとしている。
故郷、というものに
取り立てて強い郷愁を覚えたことは
いままでなかった。
しかし昨日今日と
テレビで目にする映像は、
自分にとっての故郷というものを強く意識させるには
十分すぎるものだった。

小さいころ家族で地引き網を楽しんだ海岸。
始めて友人とドライブを楽しんだ道。
大学時代の先輩が住んでいる港町。
それらの地が、
あとかたもなく津波に流されて行く。
言葉がない、というのはこういうことか。

停電で、きっと寒く不便ではありつつも、
自宅で過ごすことができている両親。
連絡がとれて無事を確認できたことの幸運を、
よろこべない。

たくさんのひとが辛い時間をすごしていて、
それらのひとを救うために
ほんとうにたくさんの人が、
昼夜を問わず働いている。

それらのひとが、
ひとりでも無事であること。
それを祈ることしか
いまの自分にできることがない。

だから、祈る。


☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11

« パピエラボのポストカード。 | トップページ | ろうそく。 »

コメント

 母は何十年かぶりに
娘はヘタをしたら生まれて初めて
機能しない信号機の下を手を挙げて渡り、
家路につきました。
 
 夜9:00にやっと電気がつき、
外部から情報が入ってきた時、
母はあまりの光景に
思考が停止しました。
 日々、神様に感謝するよう
カトリック校で教えを受けた娘は
TVを見ながらポツンと、
「今は神様ではなく、
懸命に働き続けている人たちに
感謝する時だね…。」
と言いました。
 
 お父様、お母様ご無事でよかったです。
そして、私たち母娘も
当然祈り続けています。

よかったよかった・・・
zuさんのところを含め、とても心配しておりました。
今も、これからも沢山大変だと思います・・・
でも、今はご無事でいるというお知らせに、
少しだけ緊張が溶けて、ほっとしています。 B&N

はじめまして。
実感のこもった一言ひとことが心にまっすぐ届きました。
私も今はただ祈ろう、と思った瞬間、気持ちがしゃきっとしました。

僕もかの地で生まれ育って十代まで過ごしました。同じ気持ちで祈っています。

コメントありがとうございます。
こんなブログなので、
地震のことを書くことにためらいはあったのですが、
日頃と変わらずのぞいてくださる方が多いので、
とりあえず報告もこめて書かせていただきました。
本当にお気遣いうれしいです。

取り急ぎ御礼まで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パピエラボのポストカード。 | トップページ | ろうそく。 »