2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2月最後の土曜日。 | トップページ | ラナンキュラス。 »

2011/03/01

出西窯のシェーカー鉢。

7s_496

食器なんていくらあっても使える数は限りがあるわけだ。
なんだけど、あたらしい食器というのは
やはり欲しくなるものである。
食器を増やす前に、料理を鍛錬するべきでは、
という気がしなくもないが(というかするんだが)
きっと器が変わると料理も旨くなるように思うのかも。
ま、何につけ新鮮さというものは必要である。

去年、出西窯のシェーカー鉢というものを買ったのだけれど、
この食器はサイズ違いがあり
スタッキングできるようになっているのである。
先日デパートをうろついていたら、
民藝を特集したようなコーナーがあり、
そのシェーカー鉢も置いてあったわけだ。
去年購入した大きいサイズがけっこう使いやすかったので、
機会があったらサイズ違いも欲しいと思っていたら、
その「機会」があったわけだ。
巡り合わせってやつ?

この器のいいところは、
洋風和風料理を問わず使えるところだろう。
写真では、いちおうタパス的な
ししとうの素揚げと、パンをひとかけのせてあるが、
今日の夕食では、肉じゃが的な煮物に使ってみた。
器のフォルムはどちらかと言えば西洋的だが、
無骨な感じと、クリームがかった白い色が
どんな料理でも合うんだろう。
キャンバスのような器ということだ。
絵を描くように調理せよ。
そして盛りつけよ。
なんて。


☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11_2

« 2月最後の土曜日。 | トップページ | ラナンキュラス。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月最後の土曜日。 | トップページ | ラナンキュラス。 »