2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/31

最近のフクタロウ。

7s_559

うず巻き模様の茶トラネコ、フク太郎。
もうすぐ5歳。
彼は、まあ、相変わらずである。

相変わらず、腹の皮をハタハタハタと揺らしながら
小走りに部屋を移動する彼。
ま、そんなメタボ体型もかわいいといやあかわいい。
でも動物病院の先生からは
野性味がなくなっていくんですよねーなんて言われ、
でもペットなんだから野生味なんて
なくなっていくのはしょうがないじゃないか、と
無言で抗議はしてみたブツブツ…。

飼い主のほうがダイエットや運動が必要なくらいだぞ。
とくに女飼い主のほうが。
『フクと追っかけっこしてるもんっ』と
胸をはる女の飼い主であるが、
あんた、そんなの運動のうちにはいりませんから。

そんな同士愛に結ばれているのか、
フク太郎と女の飼い主はとっても仲良し。
ソファに座っている相棒の腕にペトシっと
ひっつくのがフク太郎のお気に入り。

ちょっとかわいい。
でも悔しい。
彼にとって男飼い主の存在とは。

続く…。

いや続かないけど。


☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11

2011/07/26

7月23日のパスタ日記。

7s_558

あらためて振り返れば。
毎週パスタ料理を作っているわたくし、
「趣味」と言ってはいるが、
なんていうか、このところ『ネタ切れ』状態。
なんだかメニューを思いつかなくてねえ。

以前は、調理法は別にして
コレ(素材)が食べたい、というイメージが
わりと明確だったような気がするんだが、
最近は浮かばないのである。
いったい何が食べたいんだ自分。

もしかしたら、毎週毎週パスタを調理することに
飽きている?
ルーチン化した日常をリセットしなさいという
神のお告げか?

そんな気分が盛り下がるなか、
スーパーをのぞいたら、タコが売っていたので
やさぐれ気分で、
タコのトマトソースにすることにした。

気分がいくら盛り下がろうと、
手順が、体に染み込んだタコのトマトソース。
目をつぶっていたって作れるのである。(ウソ)
もうね、機械のように
段取りよく調理しますよ。
そしてその段取りの良さが味にでるっていうか。

やさぐれ気分で作ったのに
とっても美味しいタコのトマトソースである。
食べたらちょっとしあわせになった。


☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11

2011/07/22

iphoneのカバーなど。

7s_557

生まれてこのかた
macしか使ったことのないアタクシは、
当然ながら携帯電話もiphoneである。
といっても、べつにmacオタクなわけではなく、
仕事で必要なのがmacだったことが
その主な理由であるが。

iphoneを持ち始めた当初は、
まだなんとなくマイナー感があり、
電車のなかでiphoneを使っているひとを
見かけたりすると
ほんのり親近感を覚えたりしたもんだ。
いまとは隔世の感あり、だな。
それにしても。
やっぱりiphoneにカバーはするもの?
自分は1台目のiphone3Gのときから
カバーをしたことがないのだが、
カバーレスはやっぱり少数派なのである。

なんだか、カバーをつけると
もっさりした感じがして嫌なのと、
手の小さい自分としては、
なるべくコンパクトな状態で使いたいのだが、
先日iphone4に変更した際に、
ショップのお人に、
かなり強く勧められて、
そこまで言うなら、と
カバーも購入したのだった。
でも、やっぱり邪魔なので1週間ではずしてしまった。

まあ、保護のためではあるんだろうが
iphone3Gのときも2年間使ったけれど
一度も落としたりはしなかったので、
今度も大丈夫だろうと。たぶん。

そんな剥き出しiphone使用のワタクシだが、
最近地下鉄のなかで、
剥き出し使用のお友達を3人連続で見かけたのである。
やっぱり、カバーとかあまりつけないほうが
いいですよねえ。
と、ココロのなかで話かけました。

あ、写真のiphone、
待ち受けの画面が「森の仲間たち」のまま…。

☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11

2011/07/18

すだれ的なもの。

7s_556

何度も書いているが、
我が家は10階建マンションの最上階で、
西向きの部屋なのである。
この時期さ、西の空へ沈む夕日を眺めながら
飲むビールはたいへんに旨いんだ。
旨いんだけど、その西に面しているリビングの暑さも
これまた最上級。

窓には、白い薄手のカーテンがかけてあり、
しろい壁とあいまって、
素敵な空間を演出している。
白いカーテンが風にそよぐ様は、
ホワイトインテリアを好むひとであれば
思わずうっとりするシーンであると思うよ。
ま、自分で言うのもなんだが
オシャレ空間ってやつ?
しかしながら、白い麻のカーテンは
遮光性という点からすれば
その能力はほぼゼロ。
西日が入りはじめて、カーテンを引いたとしても、
真夏の陽光にはなす術がない。

それでも例年であれば、
体を張って
ビールがうまいやあ、などと言って
やせ我慢もしていたわけなのだが、
中年ともなると、
年々暑さにたいする抵抗力がなくなるのである。
しかも、今年は節電という側面から、
リビングルームの夜の冷房効率も気になり、
なにかせねばと、考えていたわけである。

で、ゴーヤ。
それでなくとも、水やりが大変なのに、
植物を増やしたくないので却下。
で、すだれ。
ちょっと和風になるのがどうか、というのと
10階なので落下なども気になるので却下。
と、生来の面倒臭がりもあり、
『ま、いっか』となりそうだったのだが、
いやいやそれじゃいかんでしょ、と
とりあえずと思い、
家のなかから布を探してきて
カーレンレールにかけてみることにしたのであった。

ツレが以前にワンピースでもつくろうと思って
買っておいた布があると言うので
それを使ってみた。
なんだか絣みたいなイメージですね。
個人的にはもんぺを連想した。
ちょっとエスニック風かなとは思ったが
色も濃く、とりあえずはいいかということにした。
けっこう遮光性もあり、
部屋のなかに日陰ができていい感じである。
(ま、以前は日陰がないようだった、ということです)

とりあえず、などと言ったが、
たぶん一夏このまま、だと思います。
完璧を求めないのです。
すべてほどほどで収めるのが
人生を生き抜くベストアンサー。
なんのことだか。

☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11

2011/07/16

ナス&トマト。

7s_555

いやあ、同じ内容が続いて恐縮。
でもまたナスなどの話。

今朝の収穫は、
小ナス2個、ミニトマト1個、
オレンジ色のトマト3個
(写真には写ってないけど3個とれまして)。
あとバジルがこんもりひとやま。
なんだか、中途半端な量なのであるが、
食べごろを優先して収穫すると、
こんななんだよなあ。
株がいっぱいあれば、もっとまとまるんだろうけど、
2・3株ではこんなものです。
でも、色つやもよくすんごくうまそうなので
夕食時に何か作りたいと思う次第。

それにしても。
去年につづいて今年も
バジルの生育が良い。とても良い。
良過ぎるくらい…。
葉っぱがおおきく育ち、
紀ノ国屋で売ってるバジルみたいですよ。
それはまあ、うれしいんだけど、
冷蔵庫には去年つくった塩蔵バジルも
まだ沢山残っているのである。
そんなにバジルがあってもなあ。
どうしましょ。
今年だって、苗は小さいプラ鉢のを
1個購入しただけなんだが、
株分けして植えると
けっこうな量になるのだった…。

うーん、去年も大量のバジルを前に
同じようなことに悩んでいたような気が。
そして、塩蔵バジルという解決策を
見出したのではなかったか。

悩ましい。
今年もバジルが悩ましい…。

☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11

2011/07/13

小ナス。

7s_554

ああ、ついに梅雨があけた。
うれしいのかうれしくないのか、
非常に微妙。
梅雨明けしたとたん、
マンション最上階西向きの我が家は
灼熱の太陽が
すこしの遠慮もなく照りつけるのである。
サウナかうちは。

でもね。
バルコニーでは小ナスが元気に育っているから、
暑くても、
ジメジメしている梅雨よりはいいかもな。
ナスは今年はじめて植えたのだが、
なんだかかわいいのよ、ナス。
地味めな野菜界において
鑑賞目的にも耐えうるものといえば
やはりトマトがNo.1であろうが、
ナスも、妙にあじわい深く。
グリーンとムラサキのカラーリングが
なかなかにシックなのである。
(写真では右下がナス)

プランター栽培なので
小ぶりに育つであろう、小ナスを選んでみたのだが
10cmほどの実を次々とつけていくのである。
…といっても、まだ三つしか収穫していないのだが。
しかも、一回に1個なので、
それは大事に大事に、
塩もみや、みそ汁の具などに
使わせていただいている。
もう少し成長してくるといっぺんに
何個も収穫できるだろうが、
いまはまだ紫のダイヤモンドの如き
貴重さなのであった。

でも。
ナスってば、
水やりが非常に大事で、
盛夏には水切れしないように
朝晩の水やりが必要なんですと。
そこがすこし面倒なんだがな。
かわいい小ナスのためらな
しかたあるまいのう。

☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11_2

2011/07/11

ドラえもん短歌。

7s_553

みんな、ドラえもんは好きかい?
え?僕かい?
僕はねえ、好きでも嫌いでもないよ。
そもそも、よく知らないんだもんドラえもん。
でも、年下の友人がさ、
『人生でいちばん影響をうけたのがドラえもん』なんて
言ったりしてね、
たぶん、僕より年代のしたのみんなにとっては
人生の教科書みたいな部分もあったのかな。
ちょっとオーバーかもしれなけどね。

もう何年もまえのことになるけれど、
僕は、短歌がちょっと趣味だったんだ。
でね、ある日ウェブを何気なくみていたら、
ドラえもん短歌っていうのを募集していたわけさ。
選者が枡野浩一という歌人でね、
その枡野さんの短歌が好きだったもので、
応募してみたんだよ。
もちろんテーマはドラえもんなので、
僕の知っているふたつのひみつ道具のひとつ
『どこでもドア』のことを詠んでみたんだ。

そしたら、なんだかドラえもんの雑誌で
入選作として発表されててさ、
うれしかったな。
やがて、それらの短歌をあつめた
『ドラえもん短歌』ってのが
単行本にもなったんだよ。

それから何年かが過ぎた先日のこと、
小学館から小包が届いたので
なにかと思ってあけたなら、
『ドラえもん短歌』が文庫本として
発売になったんだってさ。

さっそく中をみてみると
87ページに載ってたよ、僕の歌。
ひさびさ読みかえしたけど、
良い歌なんだこれが。
才能あったんだなあ僕。
…過去型で書くなんて。
奥ゆかしいね。

本屋さんに行ったらさあ
探して読んでみてほしいなあ。
もちろん僕の歌を。
じーんとくるよー。

☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11

2011/07/06

天使のカードスタンド。

7s_552

我が家にあるモノとしては、
ややコンサバティブなテイストのカードスタンド。
だってミキモト謹製でありますからに。
だから天使の抱えているものは
当然のごとく本物のパールなのである。

いつだったか、
ツレの実家に帰る際
めずらしく飛行機を使うことにしたのだが
当日、所用時間を読み違え、
モノレールの羽田空港駅からチェックインカンターまで
ダッシュするくらい、
ぎりぎりの到着になってしまったのである。
そしたらば、なんとダブルブッキングで
予定の便には乗れず次の便へ振りかえとなり、
迷惑料?的なものか、
空港のビル内で使える商品券を渡されたのであった。

それで、時間もできたことだし、
ウィンドウショッピングなど行っていたのだが、
そこにミキモトのショップがあった訳だ。
いつもなら、入ってみようとも思わなかっただろうが、
ものめずらしさもあって
ちょっとのぞいてみたのだが、
そこに有ったのが、このカードスタンドである。
ツレは何気に天使グッズ好きなので、
商品券もあるわけだし、ということで
購入したのであった。

コンサバだけど、
ま、クラシックな雰囲気であり
ホコリが積もれば、
古色がついたように見えなくもなく、
クリニャンクールの蚤の市で買った、と
嘘のひとつもつきたくなるというもんだ。
いや、そんな嘘ついてませんがね。

筆記体で書かれた
欧文のカードでも挟むのが雰囲気なんだろうが、
クラシック過ぎるので、
モレスキンのDMの、
飛行機の発着時刻表がデザインされたカードをはさんでいる。
ミスマッチか。

☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11_2

2011/07/04

ドーナッツとアイスティーと。

7s_551

ブラック・スワンを観たんだが。
なんなのだこの映画は。
なんとなくスリラー的な展開の内容、という
漠然としたイメージは持っていたが、
これはサイコホラー・サスペンスではないか。
こわい、ものすごく。
あ、次の展開は見たくない、と思う場面が何度も。
上映前に、小腹がすいたなどと、
チリポテトフライなど食べてる場合ではなかった。

手持ちカメラで撮ったような、
小刻みに震える画面とか、
ウィノナ・ライダーの配役や、
エキセントリックな主人公の母親役の女優もまた、
じりじりと怖いのである。

怖い映画を見る心構えではなかったので
ちょっと動揺してしまった。
毒気にあてられた感じ。
うーん面白かった、んだろうな、やっぱり。
と、いまひとつ歯切れの悪い、
誉めっぷり。

で、なんでドーナッツ?
いや動揺したときには
甘いもんでも食べないと。
オレンジのフレーバーのアイスティーでも飲まないと。
甘い物はこころ安らぐからねえ。

有名店のものではなく
近所のスーパに入っているパン屋のものだがね、
それなりに旨いグレイズド・ドーナッツである。
暑いときにもね
甘いもの食べると元気がでますよ。
今日も暑いので。

あー、それにしてもブラックスワン。
特殊効果など使わなくても
十分怖いと思うんですけどねえ。
あえてけれんみを、という演出ですかねえ。

☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11

2011/07/02

7月2日のパスタ日記。

7s_550

もう7月か。
本格的に暑くなってくるのが
少し憂鬱である。

しかし、夏の暑い土曜日の夕方、
夕食用にグリルパンで
野菜をやくのは嫌いではない。
むしろ好きといえるか。
汗を流しながら、
コンロのまえでトウモロコシやらを
ぐりぐり焼くのはなにかこう自虐的な
喜びがあるのかもしれない。

今日は、トウモロコシとシシトウとミョガと、
そして庭で初めてとれた小ナスを焼いてみた。
初ナス、うまし。
秀樹カンゲキ。

そういや、日曜朝のNHKで
趣味の園芸/野菜の時間という園芸番組をやっていて、
その秀樹が出演しているのだけれど、
あまり番組の役にたっていないのではないかなあ。
NHKは秀樹になにをさせたいんだ?
また秀樹も秀樹で、
気の利いたコメントなどはあまり得意ではなさそうな。
あ、秀樹とは西城秀樹ですがね。
秀樹秀樹って連呼しているが
別にファンではない。

で、秀樹のことは
置いておいて
今日のパスタはキノコのクリームソース。
なんだか季節感がないっちゅーか、
あってないっちゅーか。
先週グラタン用に買った生クリームを
使ってしまいたかったので
こんなソースに。
最近はキノコも季節感がないなあ。
味のほうは、あとほんの少し塩が多かったら
塩辛くで食べられない絶妙な塩加減。
っていうか要は塩を少し入れすぎたというだけだが。
ほんに塩加減が難しいのお。
と、時代劇口調なのは、
『仁』のせいかしら。
いや、私は見ていません。
ツレは楽しみにしていたようであるが。

☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11

2011/07/01

グランピエの陶器。

7s_548

先日、部屋の掃除などしていたら、
机の影から、ホコリにまみれた
陶器のツボがでてきたのである。

なんだかうっすら思い出してきたが、
最近の趣味には少し合わなくなってきた
土臭いテイストの装飾品を
目に触れないところに、
しまっていたのであった。
というか、隠してあったのだが。

久しぶりに目にすれば、
けっこういい感じかも、などとも思い
リビングの片隅に置いてみた。

この陶器のツボは、グランピエで買ったのだったなあ。
いろいろな国の食器・雑貨などを揃えたグランピエは、
バザールで掘り出し物を探すような
楽しさがある店だった。
ま、ほんとのバザールなんて行ったことがないので
あくまでイメージですがね。
アジアや中東の器も多く、
比較的値段も低めで買いやすい。
土臭い器や、エスニックなテイストが
やや趣味からはずれはじめて
あまり足をむけなくなったが、
なにかしら欲しいものが見つかる
好きな店だったのである。

自分の好みというものも、
一貫しているようにみえて、
けっこう移り変わるものだ。
なんか、昔のものを引っ張りだすのも
楽しいな。
そういうことがあるから、
ぽんぽんモノを捨てるのもなんだかな、と
思わなくもない。
しかしながら、所詮
しまう場所あってこその話。


☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11_4

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »