2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ひっつき虫。 | トップページ | 10月10日のパスタ日記。 »

2011/10/11

グアテマラの弟。

7s_576

たまに通る道沿いに
ちょっと古びたマンションがあって、
名前をパラガイハイツというのだ。

通るたびに、パラガイとはなんぞや、と
気になっていたのだが、
ある日ふと気がつくと、
エントランスにあるプレートにParaguayとあり
やっとパラガイ=パラグアイであることに
気がついたのである。

それにしても、なんでマンションの名前に
パラグアイなどという地名、それも
一般的にはマイナーな国の名前などをつけたのか
ものすごく気になるのだった。
かつて代々木にワシントンハイツがあったように、
なにか歴史の一端を感じさせる由来がありそうではないか。
パラグアイではなく、パラガイという表現といい。

ま、実際のところはわからないが
ちょっとしたロマンを感じるわけである。

で、グアテマラの弟。

なんだか純文学の、
南米の小説っぽい、と
いえなくもないこの本のタイトルであるが、
これは、内容をそのままストレートに表現しているだけで
いたって素直な題名なのである。

女優の片桐はいりが、南米のグアテマラで生活する弟を
訪ねる旅行エッセイであるこの本は、
旅のエッセイであるとともに、
その旅をすることになった背景を語ることで
家族というものを語るエッセイにもなっており、
物見遊山的な旅エッセイより
もう少ししっとりした、
読み応えのある本になっている。
片桐はいりの本は、これが2冊めであるが、
なんというか、たぶん本人の人柄がでているのだと思うが
端正という表現がはまるような文章で
読んでいて気持ちがよく、
なかなかにいいのであった。

ちなみに本の装丁も、
ちょっとガーリーではあるが
端正な佇まいが心地よい。


☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11

« ひっつき虫。 | トップページ | 10月10日のパスタ日記。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひっつき虫。 | トップページ | 10月10日のパスタ日記。 »