2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011/11/27

11月26日のパスタ日記。

7s_597_2

最近パスタのソースが
トマトベースばかりで代り映えしないので
今日こそは新鮮味のあるパスタを、
と思いスーパーに買い出しに行ったのだが、
店頭でいろいろ見てもイメージは湧かず、
とりあえずアサリを買ってみた。

まあ、アサリといえばボンゴレなんだろうが、
冷蔵庫に使い残しのアンチョビがあったので、
それとブラックオリーブ、プチトマト、
イタリアンパセリも加えて
スパゲッティをつくってみた。
なんとはなしに自分のイメージとしては
カラブリア風スパゲッティなんですがね。
なにせカラブリア料理というものを
知っているわけではないので、
なんとなく材料の組み合わせのイメージで。
ま、ほとんど妄想のようなもの。

でも、まあこれが旨い。
アサリだけでも充分おいしい出汁がでるわけだが
それに細かくたたいたアンチョビの風味と
ブラックオリーブのえぐみのようなものが加わり
より濃厚な味わいに。
もしかして自分てば料理センスあり?
と、これまた妄想するくらいに
旨かったわけである。

もう1品は、トマトの水煮(やっぱり登場するんだ)に
細かくたたいたエビをいれソースにし、
グリルしたナスにチーズといっしょにはさみ
グラタンのように焼いたもの。
これまた思いつきの割に、旨いのよ。
やっぱり料理センスかなー、
とまた妄想が。

..........................................................................................................

Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2011/11/25

金曜日のネコ。

7s_596

タイトルにとくに意味はないですが、
ドーナッツ型のネコベッドに収まっているフクタロウが、
やけにりりしく撮れたので、
ブログにのっけようかなと。
親心ですわ。
精悍なネコ、のように見える、フクタロウ。

それはさておき、
ネコベッドのふわふわが、
越路吹雪が首にまくストールのようだ。


..........................................................................................................

Banner_11


☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2011/11/24

近所の公園。

7s_595_2

休日。
8時頃起きて朝食。
掃除/洗濯などをツレと分担し、
11時頃スーパーへ夕食の買物に。
戻って自分の昼食の準備。
冷凍庫に常備してある讃岐うどん。
簡単かつ麺のコシもなかなか。
とは言っても本場もんは良く知らない。
ツレの昼食はダイエット用のインスタントのおかゆ。
お湯で2分ほどふやかしてたべるのだが、
茶碗にかるく1杯程度の量。
まるで赤ん坊の食事。
そのあと本を読みつつ昼寝に突入。

2時。
ツレと散歩に出る。
近所を1時間ほどぶらぶらと。
日頃あまり使わない道を選んで歩く。
マンション前の道を挟んだ反対側に小さな公園がある。
中を通ってみたら、
時計台、ではないな、時計のついたポールがあるのに気がついた。
隣の保育園の建物や、公園のブランコなど
なんだか、昔ながらの町の公園という風情に
心のすみがざわつく。

帰ってきて、ツレは夕食のおでんの準備。
味のしみた大根とゆで卵が食べたかったので
はやめに作ってくつくつと煮る。
タコあしを切って串にさすのと、
筍の水煮を一口大に切った。
その二つは自分が食べたいものなので
それだけ手伝った。

「スパニッシュ・アパートメント」という
フランス映画のDVDを観る。
2時間。長さを感じさせなかったが、
それほど面白かった、という訳ではない。
最後どう着地するのか予想できなかったので
長く感じなかったのかも知れない。
観終わって結末を知ると、
もっとコンパクトにまとめたほうが良かったように思った。
もったいつけ過ぎ。いかにもフランス映画的。

DVDを観終わって、
おでんを食べて休日が終わる。

..........................................................................................................

Banner_11


☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2011/11/22

DYSONマルチフロア 。

7s_594

部屋のフローリングの片隅に、
西部劇にでてくる
風に転がる根無し草のような綿埃が落ちている風景や、
ネコがちらかしたトイレの砂の細かい破片を
裸足で踏んだときのザリっという感触は
心が荒むに十分である。

でもなあ、
しまってある掃除機をとりだして、
ホースをつなぎコンセントにさし、
ガーとかけ始め、
かけ終わったら、
その逆の手順を繰り返すという行為には
とてつもない「おっくう感」があるのである。

そんな自分に輪をかけて
掃除機嫌いのいる我が家では、
コードレスタイプの掃除機と
クイックルワイパーでの床掃除がスタンダード。
コードレスタイプだと、
「おっくう感」がだいぶ軽減されるのだ。

そんなコードレス掃除機であるが
最近調子がよろしくなく、
買い替え願望が芽生えつつあったのである。
その彼(掃除機ですがね)は、このところ
すぐ吸引力が落ちるような感じで、
煙草をくゆらせながら
「もう、あなたとはいっしょに暮らせないわ」と
引導を渡したい恋人気分。
「ふっ。どんな関係にも終わりはくるものよ」
とか言って見限りたいというか。

で、見限った。
そして、新しい彼が来たのである。
早すぎるなんて言わないで。

実のところ、
エコポイントで交換してあった商品券が、
ある特定の販売店でしか使用できない事情ができて、
使い切ってしまうにちょうどいい金額、
という理由で決めた彼なのである。
普通に買うには、ちょっとね、
だってDYSONだからね。高いよね。

でも人気らしい、このコードレスタイプ。
購入してから届くまでに一ヶ月待ったし。

いやあ、マッチョな彼で、頼もしいわ。
いまのところは。

..........................................................................................................

Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2011/11/20

11月19日のパスタ日記。

7s_593

あー、また今回もトマトソースの
スパゲッティにしてしまった。

いやトマトソースが食べたかったから
つくったのであり、
その点なにも問題はない。
でも
一応ブログなどをやっていて、
その記事にパスタ日記などとタイトルをつけて、
毎週アップしているわけで、
やはりなるべく面白く読んでいただくためには
内容に変化をつけなければ、と
思っていたりはするのである。
だから、同じスパゲッティでも
なるべくいろいろな種類があったほうが
まだ興味を持って読んでただけるのでは、
との視点のもとに
パスタソースも、
オイルベースとかクリームベースとか
変化をつけようと
心がけてはいるのである。

でもねえ、
なんか体がトマト味を欲しがるんですわ。
スーパーに行くと、自分の意思とは別に
手が勝手に、トマトの水煮の缶詰を
カゴにいれているもので。

だから本日も
トマトソースのスパゲッティなのである。
で、普通にトマトソースなので
とくに書く事もないのだが、
今回は干しエビを入れてみた。
ま、エビはよく使うので
その点でもとくに変化はないのですがね、
干しエビをいれるとコクと甘さがでて
濃厚なおいしいソースになりましてよ。
試してみてね、チャオ!

..........................................................................................................

Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2011/11/18

東京ガーデン_01。

7s_592

実は園芸の本質というのは、
美しく見せる、ことではなくて、
育てる、ことにあるのかもと思ったりする。

て、言うのもさ、
街を歩いていて、
さまざまな植物が植えられているのを
見ていると、
美しく装飾的に植えられている植物は
もちろん沢山あるんだけれど、
ただ植えられているだけのような植物も沢山あるからだ。
それらを育て、世話をしている人たちは
たぶん美しく見せる、などという思いよりも
育てる、世話を焼くことが
より大切なように思っているのではないか。
きれいに育てる、飾る、よりも
もっと素朴な、原初的な感じ、
一緒に存在するために育てている、ような。

もちろん美しく整えられた庭なり、植物なりを
見ることは楽しいことであるが、
そんな、街なかにあふれている
半分ほったらかしのような、
野方図に育てられて生きている植物たちの佇まいに
ぐっときてしまったりもするのである。

古ぼけたビルの裏口で、
たぶん管理人のおじさんとか
掃除のおばさんが、
仕事の傍ら世話を焼いているだろういくつかの鉢植えは、
ラスティックなモルタル壁の前に
ステージに並ぶかのように置かれていて
なんだかラブリー(←英国人の使うラブリーね)。
都会の片隅に
遠慮深く育っているそんな植物などが
好きだったりもする。

..........................................................................................................

Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2011/11/16

デイザーのデスクランプ。

7s_591

半年ほど前に、
伊勢丹にパシフィックファニチャーサービス(PFS)の
一ヶ月の期間限定コーナーがオープンしていた。
自分はPFS好きであるので、
当然チェックしに行ったのであるが、
ツレの部屋のデスクライトが交換の頃合いだったので
ちょうどいい、と購入したのが
デイザー社のデスクランプである。

工業用品的なたたずまいは、
ツレの部屋にはややハードかとも思ったが、
パイン材のごつめのデスクには合うのでは、
ということで決めたのである。
自分の好みであれば、黒を選んだが
ツレはグレーがいいというので
その意見を尊重した。
っていうか、ツレの部屋なんだから
こっちの好みを押し付けたら迷惑このうえなし。

デイザー社は作業用照明器具のメーカーだそうなので
その製品は、プロ仕様という意味で
ごつさのあるものだが、
ツレの部屋も、けっこう雑多というか
金物製のシェルフもあったりするので
あまり違和感はないか。

それにしても、
伊勢丹とPFSとはこれまた異質な組み合わせであるが、
伊勢丹としては、
インテリアのドレンドも外さないってことね。
なにせファッションの伊勢丹であるからにして。

..........................................................................................................

Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2011/11/14

11月のフクタロウ。その2

7s_590

あれま。
週末、ずっとテレビでフィギュアスケートとか
バレーボールとか観ていたら
ブログを書く時間がなくなってしまった。

日本人選手が頑張っていると、
つい観てしまうのである。
というか、フィギュアはけっこう好きである。
おじさんは浅田真央選手と高橋大輔選手のファンですの。
ひっそりと応援している。

ネコを膝にのせて
観戦してたのであるが、
膝にのってくれてうれしい。
でも重くて邪魔。
痛し痒し。

..........................................................................................................

Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2011/11/11

11月のフクタロウ。

7s_589

街なかを歩いていて、
イヌを散歩させている人を見かけると、
その飼い主と飼い犬が、よく似ていて
思わずにんまりとしてしまうことがある。

無意識に自分と似たイヌを選んでしまうのか、
それとも一緒に生活していくうちに
似てきてしまうものなのか。

イヌの場合は犬種によって
見かけの差も大きいので
その「似てるさ加減」が目立つのであるが、
この飼い主とペットの相似性というのは
ネコの場合もあてはまるのだろうか。

ま、体型的な部分は
飼い主の食生活がペットにも影響することは
容易に考えられるので、
たとえばおデブな飼い主のネコは
やっぱりおデブだったりするような気がするんだが
顔つきとかはどうなのか。
イヌの場合は、
飼い主と顔立ちも良く似てることが多いぞ。

そう考えると、
このうず巻き模様のネコと、自分もしくはツレは
似ているのか。
性格的に小心者であるところはよく似ているがね。
外見はどうだ。
このネコ、顔はちっちゃいんだが、
下半身に締まりがない、ナス的な体型である。
ネコならまだしも、
自分がそんな体型だったらちょっと嫌だ。
似るんならツレのほうで似てほしいものである。

..........................................................................................................

Banner_11_3
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2011/11/09

秋の庭の寄せ植えなど。

7s_588

我が家のバルコニーガーデンは
北向きなので、
秋が深まると陽当たりが悪くなってくる。

陽が当たらないというのは、
園芸的条件の悪化であるわけだが、
それだけでなく、世話する人間にとっても
影響が大きい。
モチベーションが下がるのである。
カタカナで言わんでも
ようするに、やる気がなくなってくるのである。
だってそれでなくても、
冬に向かい植物の成長が鈍るのに、
陽があたらないと雰囲気が寒々しいんだもの。
気分が盛り下がるんだもの。

おのずとバルコニーにでる時間も短くなり
荒みゆく我が庭である。とほほ。

で、ツレが庭がさびしいから
なにか花でも植えたら、というので
花屋で苗を買ってきて寄せ植えなどしてみたわけだ。
ま、この季節、花といえばパンジーなので
それを中心に何種類か。
いちおうね。
大人の、シックな、男性的な、庭を目指しているので
パンジーの花色も、
ダークパープルを基調にしてみたんだが。

なんか地味?
シックというより単に地味?
寄せ植えた他の苗も濃い紫系のもので
やっぱり地味?
寒々しさ倍増?

シェードガーデン的なイメージなんだけども。
地味かな。

ああ、冬はもうすぐそこに。

..........................................................................................................

Banner_11_2
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2011/11/07

11月6日のパスタ日記。

7s_587

土曜日の夜は、
友人と代々木上原で食事。
予定ではルカナルというピザの店に行く予定だったが、
念のため、と思い予約の電話をしてみたら
すでに一杯だった。
8月にその友人とやはり上原で食事をしたときに、
道すがらそのルカナルをみて
次はここにしてみようと言っていたのだ。

そのときはまだオープンして間もない感じで
予約が必要なほど混んではいなかったのだが
この3ヶ月ほどでどうも人気店になったようだ。
ま、入れなかったのは残念だが
次の機会を楽しみにしようと思う。
そう考える自分は
なんだかいい人っぽい。

そんな次第で
週に一度はパスタ的なものを食べないと
落ち着かない自分であるので
日曜にパスタをつくったわけだ。

でも。
なんか日曜にパスタを作っても
いまひとつ気分が盛り上がらない。
やっぱり翌日が休日である、という土曜日の
ゆとり、みたいなものがないとな。

まあ、つくったパスタは普通においしくいただいたが。

今回は、エビを細かくたたいたものをいれた
トマトソース。
たたいたエビのほつほつした食感は
ミートソースのようでもあり、
口が楽しい、魚介の出汁が効いたソースである。

普段はあんまりやらないのだが、
冷蔵庫に中華風ホタテの顆粒だしがあったので
おなじ魚介ということで
コソっといれてみた。
なんだか反則技をつかう気分だが
おいしくなりました。
結果オーライ。

..........................................................................................................

Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2011/11/04

浅野屋のロゴマーク。

7s_586

六本木の国立新美術館に
「モダンアート,アメリカン展」を観にいった。
ポスターに使われていたオキーフとエドワード・ホッパーの絵が
なんだか無性に観たくなったので。
ああ、エドワード・ホッパーの世界観はやはり好きだ。
展覧会全体も、アメリカの美術史に沿った構成になっていて
わかりやすく、思いのほか楽しめた。

美術展を観たあと、
パンを買いたいとツレが言うので
地下鉄の駅に戻りがてら
ミッドタウンに寄ることにした。
すぐ浅野屋が見つかったので、
食パンなどを購入したのだが、
パンの入っていた袋に、なんだか
なつかしい雰囲気のマークが印刷されていた。
浅野屋といえば、軽井沢で1933年に創業された老舗のパン屋らしいが、
むかしから使われているマークなんだろうか。
漢字の浅野屋という文字と
素朴なパン職人のイラストが、なんともいい感じである。

パン屋、というか、
ブーランジェリーなどと名乗るところは
名前もロゴも
ひたすらオシャレで外国的なデザインが多いと思うが
なんだか、そういう表現も
やや食傷気味ではある。
ま、出自が外国であるパンを扱うわけであり
ある意味当然でもあるのだが、
しかし、そういう部分でのオシャレ感・本格感では
あまりそそられなくなっているのではないかなあ。
外国から来ているパン屋でも無い限り、
もうあまり外国的な感じとか気にしすぎなくても
いいんではないかと思う。
日本のパン屋らしさ、みたいなものが
あっていいんじゃないかなどと思ったり。

浅野屋のレトロチックなマークも
創業時はひたすらハイカラさを追求したものであったかもしれないが、
ハイカラで染めきれない「日本的なもの」が残ってしまう、
その当時のゆるさが、
日本的なおもしろさでもあるんだろう。

さて、
原宿に、たぶん東京のパン好きで新しモノ好きのあいだでは
有名だと思われる「パンとエスプレッソと」という店がある。
ここの日本語の店名とロゴも、
さりげなくて良いのだ。
ま、浅野屋とはちょっと別軸で、オシャレ方向ではあるが。
自分で、パン屋をやるとしたら
こんな店名で、ロゴにしてみたい、
と、ちょっと思う次第。

..........................................................................................................
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11

2011/11/02

無印良品シアバターボディミルク。

7s_585

冬になると、
膝や脚の皮膚が乾燥して発疹がでたりする自分は、
以前に「それは老人性乾皮だよ」と人に言われて
ショックを受けたことがある。
老人性って…。
まあ、ショックはうけたんだけれども
取り急ぎ、対処しないことにはしょうがないので
この季節になると
スキンケアに注力する自分なのであった。
ま、スキンケアっていっても
下半身の、ですがね。

保湿といえばやはりシアバター。
なのであるが、あんまりこってりしたものは
つけてから服を着るとべたつていやなので、
けっこういろいろな商品を使ってみているのだ。
なかなか自分にとってベストなものは
見つからないものなのである。
化粧品選びに労力をかける女性の気持ちが、
わたくしよく分かります。

そんななか、去年初めて使ってみたのが
無印商品のボデイミルクであった。
乳液に近いやわらかいクリームだったので
伸びが良くて塗りやすく、ボトルも茶色の薬瓶的なもので
男性が使っても違和感がない外見。
…ただ香りがね、ちょっとローズのような
やさしい感じのものだったので
いまひとつ使う恥ずかしさがあったのだが。

で、今年店頭をみたら、
リニューアルされたのか
こんどのボトルのラベルには、
無印良品にはめずらしく、素材の写真などがアレンジされている。
薬瓶のような濃い茶色のボトルは変わらないが、
それに白いラベルが貼ってあり、
以前のものよりも
自分好みのパッケージデザインになっていたのであった。

テスターを使ってみると
今回は柑橘系の、それもさわやか一辺倒というよりも
ハーブのようなやや薬臭い感じの柑橘系のかおりで
使うことになんの違和感もないのが嬉しいではないか。
やっぱり薔薇の香りの中年男はいただけないです。

そんなわけで、
このところお風呂上がりには
脚部スキンケアに余念のないわたくしである。


..........................................................................................................
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。
Banner_11_2

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »