2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 白いハンカチーフ。 | トップページ | 2月18日のパスタ日記。 »

2012/02/19

欠けたデミタスカップ。

7s_623

最近の我が家の「捨てる」ブームにおいては
食器も例外ではなく、
もう何年も使ってないものは
思い切って処分することにしている。

そんななかで悩ましいのが
このデミタスカップだ。
一年ほどまえ、
不注意からソーサーの端を
欠けさせてしまった。

実用面からいえば
いまは家でエスプレッソを飲むことなど
まったくないし、
そもそもこのような
お上品テイストの食器など使うことがない。
そういう意味ではまったくの不要物だ。
けれども、
パンサーの模様とクリスマスカラーが効いている
このカルティエのデミタスカップは、
初めてフランスに旅行したときに、
デザインが気に入って買ったものなのだ。
当時はかなり背伸びした買物で
でも思い切って買ったんだよなあ。
もう25年も前のことで、
アンカレッジ経由の一人旅。

そういう感傷をふっきらないと
モノなどなかなか捨てられないのであるが、
まあ、なんでもかんでも処分してしまうのも
味気ないものだし。

それで、
欠けたままのソーサーで置いておくのは
嫌なので、どうせとっておくなら
金継にでも出してみようかと考えている
今日この頃なのであった。

..........................................................................................................
Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

« 白いハンカチーフ。 | トップページ | 2月18日のパスタ日記。 »

コメント

こんにちは。
4年ほど金継を習っているのでつい書き込みしてしまいました。最近は金が高いのでもっぱら錫を使って銀色仕上げや漆そのままの仕上げなどにしています。土ものは雰囲気でごまかせるのですが、洋物は美しい仕事でないと負けてしまいます。私は北欧の食器を美しく修繕できるようになりたいと金継を始めました。こちらのカップソーサーの欠けはちょうど金の部分ですね?最近は「金に見える粉」もありますから。思い出の品、もとに戻ると良いですね。

どきどきさん、こんにちは。
金継を習っているんですか。すごいですね!自分も以前に雑誌かなにかで見て興味をひかれたのですが、生来がせっかち者なので金継は到底自分には向かないだろうと思った記憶があります。ブログには書かなかったのですが、ブラックパラティッシのプレートで端っこが欠けてしまったものもあり、実はそれも修繕したいのでした。カップも、プレートも、美しく直るにこしたことはないのですが、直したあとがわかってもいいかと思ってまして。なんていうか、気に入って手に入れたものなのだから、繕いながら大事に使いたいなあということですね。
どきどきさん、金継のネットオーダーなど受けられるようになったら是非教えてくださいね!

パラティッシもですか、それは直したいですよね。
今は友人から預かったムーミンのマグカップの欠けを直しています。割れたり欠けたりしても、どうしても使いたいと思うものは、繕ったあとも愛着がわき以前より使う頻度が増したりしますね。最近は少しの欠けではもの足りず、大きく割れたもの、細かく割れたのもなど探し回っています。まだまだ修行の身ですが、本気の時は(笑)お声掛けて下さいね。

あれ?どきどきさん、いや本気なんですけど。大きく割れていない、このカルティエのソーサーなども、お願いできたりするんでしょうか。
もしお願いできるようなら、左上の「プロフィール」からメールがだせるようになっているので詳細ご連絡いただけるとうれしいです。もちろん、もしお願いできるなら、ということなので、無理ならスルーしてくださってぜんぜんかまいませんので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白いハンカチーフ。 | トップページ | 2月18日のパスタ日記。 »