2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/26

額縁。

7s_645

海外の室内風景などを
映画や雑誌でみていて、いつも気になることがある。

それはリビングの壁一面や、階段脇の壁などに
大小さまざまな額に絵や写真をいれて
飾ってある風景だ。

壁一面を様々な額装したもので飾る装飾、
または習慣というのは
あまり日本では一般的ではないような気もする。
基本が侘び寂びの国の民だから?

海外の、そういった装飾というのは
例えばお金持ちだから、というよりも
一般人も含めみんな好きなような印象である。
まあ、とは言っても、
所詮、映画や雑誌でのことで
リアルな人々の実際がどうなのかは
よく分からないんだけれどもさ。

自分の場合、
どちらかといえば、
ミニマムに向かいがちなインテリアの好みではありつつも、
ああいった、足し算のインテリアみたいなものに
憧れる気持ちもあるんだな。
憧れつつ、ハードルになるのは
壁に額を取り付ける面倒さなんだけれども。
手間を考えるとちょっとうんざりしてしまうわけです。
DIYの国では、
そんなことは「へのかっぱ」なのか。

ツレがこのところのモノ整理のなかで、
クローゼットの奥からでてきた額を捨てるというので
もらった。
安物だが木製のフレームで感じが良かったので。
雑誌の切り抜きでもいれて、
飾ろうかという腹づもりの自分の頭のなかにあるのは
もちろん海外のあんなこんなの室内風景である。
一瞬の妄想は断捨離の敵。

でも、なんか面倒で。
こう無造作に置いてあるのも
カッコイイかな、なんて。
言訳。

..........................................................................................................
Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2012/04/24

4月のネコ、2。

7s_644_2

休日、
ツレのお昼寝タイムにつきあうネコである。
最初はいっしょに布団の中に潜り込むのだが
熱くなってくると、
こうやって、上半身だけ布団から出して休んでいる。
ツレがベットから出ても
ネコはまだ一匹で
半分寝ぼけているんだろうが、
ぼーっとした顔で布団の中。
なんだか、
すごく人間臭い。
で、その人間臭い感じが
もう何度みても。

..........................................................................................................
Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2012/04/22

4月21日のパスタ日記。

7s_643

スーパーに行くと
エビそのものはいつでも置いてあるのに、
『有頭エビ』はたまにしか置いてないのはなんでか。
頭をとったほうが、日持ちがするとか?
でも冷凍ものが主流だろうし
冷凍するなら頭がついていてもいなくても
鮮度としては変わりないしな。
それとも、頭を取って調理することが多いから
頭のないほうを消費者が好む、のだろうか。

エビの頭は、いい出汁がでるしさ、
小さめのエビであれば、
素揚げにしたりすると
まるごと香ばしく食べられて好きである。
だから個人的には
エビは有頭でお願いしたいんだがな。
お願いしてもさ、
なかなか無いので(近所のスーパーでは、ということだが)
たまに店頭にあると、ちょっとウキウキして
買ってしまうのであった。

で、本日は有頭エビをぶつ切りにし、
ニンニクと一緒にいため、
トマトの水煮で煮込んで仕上げに生クリームをいれたパスタ。
トマトだけのソースももちろん旨いが
クリームをいれたのも
味が柔らかくなって旨い。

他には、
レンコンとマッシュルームとパプリカの
オリーブオイル煮。
これがワインに良く合う。
クレソンとカッテージチーズとブラックオリーブのサラダ。
これがワインに良く合う。
で、インゲンをジェノベーゼソースであえたもの。
これがワインに良く合う。
つまり、
ひさびさに『自分てば料理上手』と
うぬぼれたい出来であったということである。
ふふふっ。

..........................................................................................................
Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2012/04/19

オランジーナ。

7s_642

オランジーナといえば、
フランスでは国民的な炭酸飲料らしい。
webに書いてあったのを読んだだけなので
本当かどうかはしらないが。

でも、昔っからあるジュースのブランドのようなので、
日本でいえば三ツ矢サイダーや
カルピスみたいな感覚の飲み物なのかも。
そういや、何度か行ったフランスへの旅行のときに
このロゴマークは目にしていたような気もする。

最近発売になったこのオランジーナというジュースであるが、
味はともかく、そのパッケージに
遠い昔に、ごく軽くフランスにかぶれた自分としては
なんかこう胸がキュンとするのである。
だってほら、
バカンス天国としてのフランスの、
古き良きフランスの、匂いがするではないの。

『ぼくの伯父さん』が、滞在先のホテルのカフェで
飲んでいそうだし、
夏休みで暇を持て余しているシャルロットは、
いつものボーダーのシャツとGパンで
オランジーナの瓶を片手に、
町をぶらぶらしてそうではないの。

そんな、ノスタルジックな気分に浸らせてくれるのが
このオランジーナのパッケージなわけである。
冷蔵庫に何本かストックされていると
なんだかちょっとゆたかな気分になれる、気がする。
ま、気がする、だけどもさ。
でもそんな気分も大事。

..........................................................................................................
Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2012/04/17

4月のネコ。

7s_641

このところ暖かい日も多く、
ネコにとっては極楽の日々である。

ネコは季節によって、
お気に入りのスペースを変えるものだが、
冬の間は『暖かい』という絶対条件のため
その場所に限りもあるのだが、
陽気がよくなってくると
いろいろ快適な場所が増えるようで、
移動も頻繁である。

写真は、リビングのすみっこに置いてある椅子の
クッションの上にいるところ。
午後の日だまりスペースである。
すみっこで、ふわふわで、ぽかぽかの、
ネコパラダイスであるな。

ところで、
最近ネコの背に顔をうずめて
匂いを嗅いでいたら、
濡れたぞうきんみたいな匂いがする。
こいつも、中年になってきて
これはネコの加齢臭では。
…と、ツレに言ったら、
「なんてことを」と怒られた。

なんでも、ネコが自分で
ぺろぺろと舐めて毛繕いしたあとは
確かに、ちょっと生臭いような匂いはするけれど
それが乾くと、もともとの
シッカロールのような匂いになるのだそうだ。

そうですか。
失礼しました。
でも、毛繕いのすぐ後は
やっぱり濡れぞうきんの匂いってこと…か。

『雨に濡れたビーグル』と同じだな。

..........................................................................................................
Banner_11_2
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2012/04/15

4月14日のパスタ日記。

7s_640

昨日の土曜日は、雨だったので
家でDVDなどを観ていた。

我が家では、TAUTAYAのディスカスという
レンタルサービスに入っているので、
ネットで観たい映画を予約しておくと
毎月4枚DVDが郵送されてくる。
以前は近くの商店街の
個人経営のビデオショップで借りていたのだが、
何年か前に、そこが店じまいしてからは
DVDなどはあまり観ない生活だったのだが
一年ほど前に、Glee観たさに、
そのディスカスに入会したのであった。

今回観たのは、
クリント・イーストウッド監督の『チェンジリング』。
結構衝撃的な内容で、複雑な話なのだけれど、
抑制の効いた演出で、しかもよく整理されていて
2時間を超える、その長さをまったく感じない。
とても面白い映画であった。

自分のなかでは
クリント・イーストウッドと言えば
テレビで観ていた『ダーティハリー』シリーズの
アクション俳優の印象が強いのだが、
いまでは巨匠と呼ぶにふさわしい映画監督だもんなあ。

ちなみに、主演はアンジェリーナ・ジョリー。
役どころからみると
やや華やかすぎるキャスティングの気もするが、
1920年代のファッションはぴったりはまっていたし、
リアルさではなくて、映画的な、
主演女優という『華』はあっていいでしょう、という感じ。
分かりにくいが、要はアンジェリーナ・ジョリーも
良かったということである。

おっと、パスタのことを忘れるところだった。
ナスやズッキーニのフリットのようなものを食べたかったので、
パスタは添え物的に、オリーブオイルベースに
パプリカをいれた簡単なものを。
味も、まあそこそこ、という感じ。

..........................................................................................................
Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2012/04/11

減らせども減らせども。

7s_639

モノを減らすことはとっても大変。

今年になって
『断捨離』的に、『整理整頓』的に、
いろいろなものを減らしつつある我が家であるが、
人からモノが少ないと言われている我が家においてさえ
いざ整理を始めてみると、
こんなにも溜め込んでいたのかと
愕然とするのである。

雑誌のバックナンバーはすべて処分。
CDも半分以上処分。
再読しなさそうな本も、思い切って処分。
長年使っていない食器も処分。
もちろん着ない服も処分。

と、だいぶ捨てたつもりなんだけれども、
目に見えてすっきりした、という感じではまだない。
まあそれは、捨てた後の整頓がなされていない、
からでもあるのだが。

いい機会だからさ、もう徹底的にやってやろうと。
というのも、時間も使っているが
お金もけっこう使っているのである。
おもに画材なんだけれども
銅版画に使う塩化第二鉄などという薬剤の処理を
専門業者に依頼しなければならなかったり、と、
捨てることにはけっこうお金がかかるのである。
ため息。
だから、どうせなら徹底的にやって
その成果も最大限にしたいのであった。
達成感を、この手に。

で、捨てることには快感もあり、
どれだけシンプルにできるのか
楽しみでもあるんだが、
こういう作業っていうのは、
これからの自分らの
行く末を考えることでもあるんだなあ。
なんて、60年世代は思ってしまったりも
するのであった。
やれやれ。

..........................................................................................................
Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2012/04/08

桜。

7s_637

東京は、桜がほぼ満開。
今日は、日曜で、風もなくあたたかで
お花見には最適な休日であった。

半年前に勤務先が変わり、
地下鉄の半蔵門駅を利用するようになったのだが、
いま頃になって、事務所のある場所が
東京の桜の名所である千鳥ケ淵の真ん前であることに気がついた。
地名として知ってはいても、
馴染みのない場所なんてそんなもんか。

なにやら桜の満開が近づくにつれ
お堀沿いの緑道には、ガードマンが配置され
仮設のトイレなどもでき、
駅からの案内板まで設置されるので
すごいなーなどと、のほほんと眺めていたら
日に日に人が増えてきてびっくり。
バスツアーまであって
老若男女であふれるほどだ。
いやあ、千鳥ケ淵の実力を甘くみていたな。

人は多いのだけれども、
この千鳥ケ淵緑道というところは
いわゆるゴザを敷いて酒盛り、というお花見が
禁止されているらしく、
みんな桜をみながらそぞろ歩く感じで、
なんだか穏やかで
いい雰囲気なのである。
なので、平日の昼間に会社を抜け出して
ちょっと桜を見にいってみた。

お堀を挟んだ両岸に
桜が水におおいかぶさるように咲いていて
雄大な感じである。
写真などでみると、あまりに見事すぎて
なにかウソっぽく見えてしまったりするが
生でみると圧倒されるような見事さだ。
きっと、日曜の人出は凄いんだろうな、
などと思いつつ、
今日の自分たちは家から歩いていける
杉並の善福寺川緑地公園へ、
散歩がてら桜を見に。
今年は桜の開花が遅れたせいか、
木々の新緑も加わって
春がいっぱい、という雰囲気。
みんな楽しそうに、
お花見していて良かった。

7s_638

..........................................................................................................
Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2012/04/01

4月1日。

7s_636

気がつけば4月。
なかなか暖かくならない今年、春も遅い。
でも今日は、日差しも穏やかで
春らしさが感じられたし、
なによりも日の長さに確実に季節の移り変わりを感じるのである。

冬が長かった今年、
我が家のバルコニーの庭も
春らしさは薄いのだけれど
(いや、寒いので手入れをしないもんで)
満開のクリスマスローズは
夕日に染まってなかなか風情がある。
(春だのにクリスマスってのも妙)

…、あー、書いていても
なんだかテンションがあがらないのは
浅田真央が、世界選手権で
残念な結果だったから。
ひっそりとファンなもので。

でも、いくら冬が長くても
確実に春はやってくるし、
明けない夜はないのだ。
頑張れ浅田真央。

ってことで
庭の話と、強引にまとめてみた。
今日はおしまい。

..........................................................................................................
Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »