2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 12月2日のパスタ日記。 | トップページ | 12月15日のパスタ日記。 »

2012/12/11

QuoVadis Executive Notes。

7s_698

7~8年前から仕事用の手帳は
クオバディスを使っている。
はじめて買った頃、クオバディスは
さほど知られたブランドではなかったような記憶があるのだが
正方形の判型が新鮮だったのと、
とあるショップオリジナルのクオバディス用の革製のカバーが
とても格好よくて選んだのであった。

それ以来、毎年、
この季節になるとレフィルを買い求めるのであるが、
そのレフィルにもいくつか種類があり、
自分の使っているのはExecutive Notesというシリーズ。
一週間を見開きで使うのが基本のフォーマットなのだが、
見開きの右側にケイ線だけの自由度の高いスペースがあって
使いやすいのと、
クリーム色がかった用紙が、
なんていうか落ち着いた大人の雰囲気で、
自分の好むブルーブラックのインク色に
よく合うもので。
なにせ『エグゼクティブ』。
革製のカバーも、
経年変化でいい味がでており、
なんていうか、ほんとに『仕事ができる』ような雰囲気である。

…と言いつつ、
どんなものでも『帯に短しタスキに長し』という部分はあるものだ。

このクオバディスはとくに大型というわけではないけれど、
16cm四方のサイズで、革製のカバーをつけると
どっしりとした重さを感じる。
気にならない人も当然いるだろうけれど
自分には、会社内でだけ使うならいいのだが
持ち出す際にはちょっと邪魔。
本当は記入する内容も
もっと小さいサイズの手帳でも間に合うだろう。

そして。
高い。
レフィルで2,650円。
年に一度なんだし、と思い、毎年買い替えているわけだが
毎回レジにむかうたびに『高い…』という思いがふつふつと
わき上がってくるのである。
手帳にまけてないか自分。と、ちょっと思うのである。

そんなこんなで、
もっとシンプルな実用本意の手帳にかえてもいいか、
という思いもあるんだが
そのね、エイジングのかかった
渋い革製のカバーが使えなくなるのが
寂しくてねえ。

悩ましいんだが
カバーがへたりきるまでは
このレフィルを使うような気はするんである。

.........................................................................................................
Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

« 12月2日のパスタ日記。 | トップページ | 12月15日のパスタ日記。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月2日のパスタ日記。 | トップページ | 12月15日のパスタ日記。 »