2016年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2012/05/09

MARKS&WEB。

7s_647

トイレタリー製品のパッケージは、
文字文字したのが好きだ。
で、薬瓶然とした茶色のガラスボトルに入っていたら
なおさら好きだ。
だからイソップとか、MARKS&WEBなんかが、
洗面所の棚にずらっと、しかも無造作に並んでいる風景などは
ちょっとしたあこがれでもある。
ま、風景として憧れるのであって、
実際そういう揃えかたは、
お間抜けっぽいとも思うのだけれども。

などと、言いつつ。
使っていたスキンケアローションがなくなったので、
MARKS&WEBの
ローションと保湿ジェルを
買ってみた。

こういうパッケージが好きということは
自然派でハーバルなものが好きということでもあるのだが
なかでもローズマリー系の匂いがもう。
この薬臭いようなハーブの匂いは
料理に使われているのも好きであるな。
ちょっとフェチ。
よってさまざまな香りのなかから
ローズマリーの香りのローションとジェルを選んだのであるが、
これからの季節にはぴったりではないかと思う。

自宅の洗面所にそれらのボトルを置いてみると
文字がたくさんつまったパッケージが、
やっぱり好きだなあと思ったが、
より細かいことを言えば、
イソップのように、
文字文字しつつ、もっと黒い色面があったほうが
ハードなイメージでより好みかも。
でもなあ、一般的にはそれだと
男性的すぎるんだろうなあ。

そんならイソップを買えばいいじゃないか、と
言われそうだが、
世界を旅する男/中田も使っているらしい(真偽不明)イソップは
なにせ高級品だからさ。

で。
化粧品というより、インテリアグッズのような
選び方をしていはいるのだが、
MARKS&WEBそのものは、
デイリープロダクトブランドという
製品思想が明確で、
価格&機能&デザイン性のバランスが良く
なかなかいい製品だと思いますよ。

..........................................................................................................
Banner_11
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2012/03/12

ミネラルフラワーズ。

7s_629

先日、知り合いから
ミネラルフラワーズという
スキンケア化粧品をもらった。

自然派化粧品らしいが
なんだかパッケージがマリメッコに似た雰囲気で、
北欧モノのような印象。
でも、もとはイスラエルらしい。
なんてったって死海のミネラル成分入り。

全体的には、
シンプルな印象で、
洗面所に置いておくのに
うるさくないパッケージデザインではあるが、
洗顔とクリームの容器が
ほとんど同じで紛らわしいのである。
製品名も小さくてさ、
どっちがどっちかよく分からん。
若い時には、パッケージはデザイン最優先で、
とにかく見た目いちばんだった自分だけれども、
この年になるとなあー。
もっとわかりやすくしてくれりゃいいのに、と思います。
これからの時代、
中年以上のマーケットを大事にしてくれないと
だめじゃん、と思います。

もらったものが、
シリーズのなかの
超乾燥肌用だったらしく
自分が使うにはどうかと思ったのだが、
冬だしね、とくに問題はなく。
つけるときは少しべたっと感じるが
すぐ、さらっとしてきて
男性が使っても大丈夫かもしれない。

とはいえ。
匂いはけっこう甘い。
ツレはいい匂い、嫌いじゃないと言ってるので
女性が使うには無論問題なし。
というか、基本は女性用だろうし、
中年男の使用感など
メーカーは求めていないであろう。
これまた失礼。

いや、せっかくいただいたんだから
自分の使った感想くらい
書いとかないとと思って。


..........................................................................................................
Banner_11_2
☆ブログのランキングに参加しています。
クリックしていただけるとうれしいです。

2010/09/27

エイジングケアローション。

7s_425

今年の夏は暑かったもので、
とにかくもう清涼感最優先で、
何十年かぶりでシーブリーズなどを買ってきて
朝夜バシャバシャと使っていたのである。
気持ちいいーっと思いつつ、
あれ、以前はもっと清涼感が強くはなかったか?
昔のはアメリカ的な強さっていうか
くどさっていうか、
パンチのあるスキンケアローションだったと
思うんだがな。
さて、夏の終わりとともに
シーブリーズのボトルも空になり、
次なるスキンケアは如何に、と、
考えたのであるが、
無印良品で、男性用のスキンケア用品があり、
いちど使ってみようと思ったのである。
で、さっそく売場にいってみると
エイジングケアローションなるものが。
うーむ、エイジングケアとは
まさに今の自分に必要なものではないか、
ということで買ってみたが。
ま、エイジングケア成分として特別なものが
配合されているわけではないけれど、
「男性の肌を考えた」と書いてあるし、
ちょっと薬くさいような、青臭いような匂いが
好みでもあったので。で、手頃な価格と。
基本的には清涼感のあるローションなのだが
ほんの少しだけとろみがあり、
つけたあとのうるおい感が感じられる。
これからの季節にはぴったりだな。
自分、付け心地にはうるさいのである。
化粧品の効果効能などというものは
商品によって劇的な違いがあるようには思えないし、
だとするとより重要なのは使用感ではないかと思うわけで。
ま、付ける化粧品によって違いがでるほどの
繊細な肌質ではないということかもしれないが。
買ってかえり洗面所の棚に置いてみたら
おお、
イソップのクリームのボトルと
お揃い感があって美しいではないか。
ん?パッケージデザインで
選んだのか自分は。

2008/03/07

ラッシュ、ハーバリズム。

7s_056

朝、地下鉄に乗っていると
前に立つ若い男性がメールを打っていた。
体の向きが同じなので画面が視界にはいり、
打っている文章が目に飛び込んで来てしまう。
べつに見たい訳ではないんだがな、
見ないように顔を背けると
不自然な体勢になってしまうのだった。

「ひとみは、僕の声や、考えかたや、
すべてを受け入れてくれる気がするし、
いっしょにいるととても癒されるんだ。
昨日はほんとうに楽しかった」

そうですか、良かったですね。
それにしても、その男性は自分のメールの内容を
他人に読まれるということに
なんのためらいもないのだろうか。
こんな混んでる車内では
いやでも目にはいってくるんだけどな。
この、自分だけの世界にはまり込む能力はたいしたものだ。
よく話題になる電車のなかで化粧する女性や、
過剰にいちゃつくカップルも
きっと根っこのメンタリティは
いっしょなんだろうなあ。
それにしてもふしぎなのは、
そういう事をする男性も女性も、きまって
そういう事をしそうな男性/女性の
外観には見えない、ということだ。
積年の疑問である、なんで?

さて、そんなすこしだけ不愉快な朝ではあるが、
朝はラッシュのハーバリズムで顔を洗ったので
家をでるまでは爽やかだった。
連れの洗顔用のものだが、たまに使わせてもらってる。
爽やかなんだが、
すべて爽やかとは言い切れない微妙な香り。
こういう匂いは好きだなあ。草っぽい感じか。

2006/11/23

Dr.ブロナー・マジックソープ

A026

固形の石鹸は、小さくなってくると
泡立ちが極端に悪くなってくるような気がするのだが、
あれはなんでなのだろう。
泡立てようとしても、ちいさくなった石鹸が
手のなかで空回りして泡立たないような状態は、
ささいではあるが、それなりのストレスでもある。

この液状石鹸はとても泡立ちがいい。
泡立ちがいいので顔でも体でも『洗った!』という
満足感にひたれるわけである。
『マジックソープ』という名前があやしくもあるのだが、
ごくまっとうな石鹸で、
使用オイルが100%天然でオーガニックであることも
ロハス嗜好をくすぐるのであった。

配合されているアロマ精油に種類があり
これはペパーミント。
はじめて使うと、ガムで顔を洗うとこんな感じ…と思うような
ちょっときつめの印象なのだが(アメリカ製なので?)
慣れると爽快である。目がすきっと覚める感じだ。

この文字だらけのパッケージも
いかにも輸入品という印象で、いいのではと思う。
このデザイン、日本語でやったらどうなんだろうと
一瞬考えたが、読んじゃうからなぁ、日本語だと。
そうすると、こういう小さい文字が
老眼を気にする年代には
それはそれでストレスだなぁ、と思う次第。

2006/11/08

ヴェレダ モイスチャークリーム

A011

男でも、洗顔後にクリームくらいつけるわけで、
そうすると、なんでもいいようでいて、
なんでも良くは無くなってくる。
クリームが固いとつけにくいし、
ベタベタするのは気持ちが悪い。
無香料であれば、生地の匂いが気になる。
と、クリアすべき細かいことでてくるのだ。
このヴェレダの男性用クリームは、
油分が少なめで、ライトなつけ心地、
そしてハーブ系の控えめな匂いが
リラックスできる最近のお気に入りである。
実は、パッケージのブルーの色が
とてもいい色のブルーで、
それが良かったりもしたのだが。